早稲田塾
GOOD PROFESSOR

明治学院大学の教授インタビュー一覧

明治学院大学
法学部 政治学科

川上 和久 教授

心理学的ツールで迫る政治分析

――今回紹介するのは、テレビ・ラジオにおける人気コメンテーターとしての出演でもおなじみの明治学院大学法学部政治学科の川上和久教授である。はじめに所属する政治学科の特色についてお話しいただこう。

明治学院大学
社会学部 社会福祉学科

新保 美香 教授

理論と実践を踏まえた公的扶助論研究

――今回登場ねがう一生モノのプロフェッサーは、明治学院大学社会学部社会福祉学科の新保美香教授である。まずは同社会福祉学科のことから話していただいた。

明治学院大学
国際学部 国際学科

高原 孝生 教授

3.11後のいま「核なき世界政治」をめざす

「本学の国際学部が開設されたのは1986年で、国連が定めた国際平和年でした。学際的なアプローチを標榜する“国際学”の学部としてはわが国初のものになります」

冒頭そう語るのは明治学院大学国際学部の高原孝生教授である。高原教授は続ける。

「この学部は、国際的な視野をもって世界について学びた…

明治学院大学
法学部 法律学科

今尾 真 教授

民法・成年後見制度の日仏比較研究

今回登場願うのは、明治学院大学法学部法律学科の今尾真教授である。所属する明治学院大学法律学科について伺うと、先生は4つの特長をあげてくださった。

「まず第1が学習カリキュラムの工夫ですね。とかく法律学の学習は難解・冗長であるとされますが、本学科では学習課程を(1)導入(2)基礎(3)基本(4)発展…

明治学院大学
社会学部

宮田 加久子 教授

社会関係資本の視点でIT社会分析

明治学院大学社会学部は社会学科と社会福祉学科の2学科からなる。今回紹介する宮田加久子教授は社会学科に所属する。まずは同学科の特徴から伺った。

「大きく3つの特徴があります。第1に1~4年次まで少人数のゼミ形式の授業が用意されていることです。1年次の基礎ゼミに始まり、2年次からは3つのコース…

明治学院大学
経済学部

大西晴樹  教授(学長)

M・ヴェーバー理論を基軸とする経済史研究

今回は明治学院大学学長の大西晴樹先生に登場願うこととなった。

まずは、学長として、大学教育理念から伺っていこう。

「本学は、ヘボン式ローマ字表記法で知られるヘボン博士が1863年に横浜で開いた『ヘボン塾』が前身になり、キリスト教に基づく人格教育を建学の精神としています。 “Do for Others”…

明治学院大学
文学部 フランス文学科

慎改 康之 准教授

「現代思想」を手がかりに「自身からの脱出」をめざす

今回ご登場願う一生モノのプロフェッサーは、明治学院大学文学部フランス文学科准教授の慎改康之先生である。
まずは所属するフランス文学科の特徴から伺った。

「学科名にフランス文学とうたっていますが、なにも文学分野だけを扱っている学科ではありません。フランスに関するものであれば、思想や哲学・…

明治学院大学
法学部 法律学科

高橋 文彦 教授

現実の法体系を批判的に研究する「法哲学」

明治学院大学法学部法律学科の高橋文彦教授は、連日のように分単位でスケジュールを消化している超多忙なプロフェッサーだ。その多忙さの理由は、在籍する明治学院大学の法学部と法科大学院での講義のほかに、筑波大学と立教大学の法科大学院、そして中央大学大学院の教壇にも立っているからだ。

そんな高橋先生…