早稲田塾
GOOD PROFESSOR

立教大学の教授インタビュー一覧

立教大学
現代心理学部 映像身体学科

日高優 准教授

写真は気づいていないことを気づかせる

――開設から9年目を迎えた立教大学現代心理学部。とくに映像身体学科の講師陣は多彩だ。映画監督や演出家、東西の哲学や映像の研究者、テレビのプロデューサーなど、実践家から理論家まで実にさまざま。しかし「入口が違うだけで、皆同じ一つのコンセプトに結集しています。身体を持つ人間の本質について自分自身で考え、感じ、論文執筆であれ作品づくりであれ、モノづくりをするということ」と話してくれたのは、日高優准教授だ。

立教大学
社会学部 社会学科

松本 康 教授(教務部長)

都市社会学研究のパイオニア

――立教大学社会学部は半世紀を超える歴史をもつ。同学部社会学科の松本教授にその歴史的展開ふくめて学部のことから聞いてみよう。

立教大学
理学部 化学科

常盤 広明 教授

コンピューター創薬のパイオニア

コンピューターを使って人類発の新たな医薬品を創出する――立教大学理学部化学科の常盤広明教授がこうした研究分野に携わって25年になる。当初は携わる研究者の数も少なかったそうで、常盤教授はそのパイオニアの一人でもある。

立教大学
異文化コミュニケーション学部

実松 克義 教授

アメリカ先住民族文明のなぞに迫る

今週ご登壇ねがうのは立教大学異文化コミュニケーション学部(異文化コミュニケーション学科のみの単科学部)の実松克義教授である。まずは所属する立教大学異文化コミュニケーション学部の特徴から伺おう。

「本学部は、第1期生がいま4年次に在学中という新しい学部です。特徴は、英語を中心に言語教育や地域…

立教大学
文学部 キリスト教学科

西原 廉太 教授(大学副総長)

工学部卒業後に神学者へ

立教大学文学部キリスト教学科でキリスト教神学を講じている西原廉太先生は、京都大学工学部で宇宙工学、金属工学を学んだ。

「そもそも西原家というのが工学系の家系でして、京大工学部の金属工学科を創設したのが曽祖父で、以後、祖父、父、わたしまで4代にわたって京大工学部で学び、あるいは教授職に就いて…

立教大学
現代心理学部 心理学科

芳賀 繁 教授

ヒューマンエラーのなぞに迫る「科学としての心理学」

立教大学の心理学の学部には、頭に「現代」の2文字が冠せられ、「現代心理学部」となっている。
今週の一生モノのプロフェッサーとして紹介する同学部教授の芳賀繁先生に、まずその意味するところから聞いてみよう。

「立教大学の場合『文学部心理学科』として長い伝統があったのですが、’06年に文学部か…

立教大学
コミュニティ福祉学部 コミュニティ政策学科(コミュニティ福祉研究所所長)

福山 清蔵  教授

ニッポンの自殺・虐待を根源的になくすには

今週ご紹介する一生モノのプロフェッサーは、立教大学コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科の福山清蔵教授である。
まずは同学部と学科の特徴から話していただいた。

「大学の福祉学部といいますと、福祉や心理の専門職の国家資格取得をめざして学ぶところだと思われがちです。ところが本学は福祉の前…

立教大学
観光学部

松本 和幸 教授

実証的な「比較」の観点からの国際経済学

今週ご紹介する一生モノのプロフェッサーの松本和幸先生は、立教大学大学院ビジネスデザイン研究科と観光学部の教授を兼任している。ここでは観光学部教授の立場から話をしてもらうことにした。そこでまず、大学観光学部として最古の歴史を誇る、立教大観光学部の特徴から伺った。

「本学の観光学部が一番古くて…

立教大学
理学部 物理学科

家城 和夫 教授

原子核物理学の世界最先端

立教大学理学部物理学科の家城和夫教授は一見して素朴な印象を受ける先生だ。そんな先生の専門は「原子核物理学」で、世界の最先端をいく実験グループのメンバーでもある。まずは立大物理学科の特徴から話してもらおう。

「本学物理学科は1学年の入学定員が70人ほどですから、文字どおりの少人数制です。そのた…

立教大学
法学部 国際比較法学科 大学院 法務研究科

早川 吉尚 教授

「国際私法」研究はやっかい?でも面白い!

今回ご紹介するグッド・プロフェッサーは立教大学法学部教授の早川吉尚先生である。まず同学部の特徴から話してもらおう。

「立教大学そのものがマンモス校ではありませんから、法学部も少人数制を敷き、教員と学生の距離の近いことが第1の特徴ですね。それに1年次から導入ゼミを含めた専門科目の教育が行なわ…