{literal} {/literal}
GOOD PROFESSOR

早稲田大学の教授インタビュー一覧

早稲田大学
理工学部

竜田 邦明 教授

「ドクター全合成」竜田邦明教授の“化楽”のすすめ

早稲田大学理工学部の応用化学科教授である竜田邦明先生は、有機合成分野の世界的権威である。世界中の研究者は敬意を込めて、先生のことを「Dr. Total Synthesis」と呼ぶ。「全合成の博士」という意味だ。

竜田先生の業績の第一は、微生物をはじめ生体がつくる生理活性物質の化学合成に成功したことだ。現在76種…

早稲田大学
大学院 アジア太平洋研究科

小林 英夫 教授

「日本とアジアに求められる創造的経済研究」

早稲田大学には「アジア太平洋研究科」という独立研究科がある。独立研究科というのはいわゆる大学院大学のことだが、受験生諸君のなかには耳慣れない人もいるだろう。そこで同研究科教授の小林英夫先生に、そのあたりから説明してもらった。

「普通の大学大学院は学部の延長としてありますが、大学院大学は学部…

早稲田大学
大学院 人間科学部 人間科学研究科

町田 和彦 教授

「理系研究でも文系的な素養のほうが大事」 人間をトータルで見た予防医学

早稲田大学所沢キャンパスにある人間科学部は、環境・健康福祉・情報を研究基盤にして、人間を総合的に究明する学部である。ここは2003年春に学部の改組が行われ、スポーツ科学科が分離独立して学部になり、人間科学部は3つの学科に再編された。

「学科は新たに、人間環境科学科・健康福祉科学科・人間情報科学科…

早稲田大学
商学部

江澤 雅彦 助教授

予定利率引き下げを契機に日本の生命保険は変わるのか

早稲田大学商学部助教授・江澤雅彦先生が学部で講義をするときは、それが大教室であろうと、しわぶき1つなく静まり返って、学生たちは真剣に聞き入るという。

先生の授業で私語は厳禁。違反すると、妥協のない処断が待っているのだ。

「こちらが真剣に話しているのに、学生が私語をするなどもってのほか…

早稲田大学
理工学部

村岡 洋一 教授

夢を自ら達成できるコンピュータ・ネットワーク学

早稲田大学理工学部は2003年4月から電気・通信・情報系の3学科が再編され、新たに「電気・情報生命工学科」と「コンピュータ・ネットワーク工学科」の2つの学科に生まれ変わった。早稲田大学副総長である村岡洋一先生は、後者のコンピュータ・ネットワーク工学科で教鞭を執る教授でもある。まず、再編された同学科…

早稲田大学
教育学部 国語国文学科

金井 景子 教授

研究目的は、ジェンダーからの解放

今回紹介する早稲田大学・教育学部教授の金井景子先生は、プロフィールからもわかるように、これまで小学校を除くあらゆる教育機会の場で教える経験をしてきた先生で、まさに教育学部で教えるにふさわしい先生といえよう。

金井先生は国語国文学科の所属で、専門は日本近代文学である。それと同時に、ジェンダー…

早稲田大学
社会科学総合学術院

有馬 哲夫 教授

社会学的リテラシーなしでは無理

早稲田大学・社会科学総合学術院の有馬哲夫教授の専門は、メディア・広告・大衆文化の研究である。米国最大のエンターテイメント産業ディズニーの研究で有名だ。

「といっても、ディズニーが特別に好きというわけではないのですよ(笑)。ディズニーの変遷を研究していますと、大衆文化とメディア産業の変遷がよ…

早稲田大学
文学部

兼築 信行 教授

高校時代に大学で師事する教授まで決めていた?

大きい人である。横にも縦にも大きいが、何より度量がデカイ。

文学部でホームページを立ち上げる責任者に抜擢されたときには、大学と関係ない人にまで開かれた掲示板を立ち上げた。結果、イタズラから激しい論争まで、あらゆる問題が兼築信行先生を洪水のように飲み込んでいったという。

「いやー、空…

早稲田大学

西原 春夫 名誉教授

早稲田塾と西原先生の意外な関係

皆さんも一度は手にしたことのある「大学体感カリキュラム白書2001」のトップページに、 こんな一文が載っているのを読んだことがあるだろうか。

「……1986年、当時、早稲田大学総長であった西原春夫先生を、早稲田塾町田校へお迎えしました。 そのとき西原先生は、ヘルマン・ヘッセの小説『デミアン』…