早稲田塾
GOOD PROFESSOR

東京大学の教授インタビュー一覧

東京大学
大学院 経済学研究科 現代経済専攻

澤田 康幸 助教授

開発経済学こそが貧困問題解決のための最強ツール

東京大学経済学部。言うまでもなく、経済学の基礎理論から実証的探求までの学界のトップ学部だ。ここの教壇に立つ澤田康幸先生は、若き経済学者にして東大経済学部の人気ゼミを担当している。

澤田先生のいまの専門は「開発経済学」「応用ミクロ計量経済学」「応用マクロ経済学」。といっても、この3つの専門は分断…

東京大学
大学院 総合文化研究科 広域科学専攻相関基礎科学系

鹿児島 誠一 教授

目からウロコの本物の物理学を伝えたい

東京都目黒区にある東京大学駒場キャンパス。東京大学に入学した学生は、まずこのキャンパスの教養学部で基礎課程を2年間学ぶ。そののち3、4年次に本郷キャンパスなどに移って専門課程を学ぶというコースをとる。
この教養学部で「物理学」を教えているのが、今回紹介する鹿児島誠一先生である。
「大学に…

東京大学
大学院 農学生命科学研究科

芋生 憲司 助教授

究極のアイガモ型農業機械への果てしなき夢

東京大学農学部のキャンパスには、歴史を感じさせる重厚な建物が多い。そんな中にあって農学部7号館はひと際明るい近代的なビルで、このなかに今回紹介するグッドプロフェッサー・芋生憲司先生の研究室がある。

先生の専門は「生物機械工学」。わかりやすくいえば農業機械の研究開発である。

「農業機械…

東京大学
大学院 人文社会系研究科 文学部 心理学研究室

横澤 一彦 教授

心理学を研究するほど人間への未知が見えてくる

東京大学文学部の心理学専攻で教鞭を執る横澤一彦先生の肩書きは工学博士である。日本の大学で工学博士が文学部心理学専攻の教壇に立つというのは、おそらく横澤先生がただ1人ではないか。

なぜ工学博士が文系の教壇に立つことになったのか、その顛末から話してもらった。「大学ではコンピュータを学びたいと思…

東京大学
教養学部

浅島 誠 教授

まさに信念の勝利!器官分化促す誘導物質を探し当てた

東京大学・教養学部学部長でもある浅島誠教授は発生生物学の世界的な権威である。  

動物の未分化細胞が心臓や筋肉などの器官に分化していく発生過程には、それぞれの器官に分化を促す誘導物質がある。その存在が知られたのは、1920年代であった。以来、世界中の研究者たちは、その誘導物質の発見に血眼になっ…

東京大学
工学部 航空宇宙工学専攻

中須賀 真一 教授

大学研究室がつくった世界最小衛星CUBESAT

この2003年6月末、大学の研究室がつくった日本初の人工衛星が宇宙軌道に向かって打ち上げられようとしている。一辺が100c㎡の箱型で、重量1kgという超小型衛星「CUBESAT」だ。つくったのは東京大学・工学部航空宇宙工学専攻の中須賀研究室のメンバーたちである。

「工学を学ぶということは、制作したも…

東京大学
社会科学研究所

小森田 秋夫 教授

ポーランドの法制度にも学ぶものがある

東京大学にはいくつかの付属研究施設がある。その一つが「社会科学研究所」。ここでは法学をはじめ、経済学・政治学・社会学の研究者が集まり、諸外国との比較や相互関連性などの研究から、総合的な社会科学的分析を行っている。この社会科学研究所において、法学の研究をしているのが小森田秋夫先生である。

「…

東京大学
大学院 情報理工学系研究科 システム情報学専攻

石川 正俊 教授

めざすは人間より性能の優れたロボット

秒速4mのスピードでどんどん落下してくるボール。それをロボットの2本指が瞬時にキャッチ。人間の目では追えないほど高速な動作でポールをキャッチする「超高速ロボットハンド」がこのほど完成し、発表された。この研究開発の中心になったのが、東京大学教授の石川正俊先生である。

「単純な動作を繰り返すだ…

東京大学
大学院 人文社会系研究科

上野 千鶴子 教授

あなたは“男らしい”男?“女らしい”女?

東京大学文学部・同大学院人文社会学系研究科教授の上野千鶴子先生の専門は、ジェンダー研究と女性学である。

「意識してなくとも、同性に話すときのあなたと異性に話すときのあなたとでは、違うのではありませんか? 社会学では『関係の定義』と呼ぶのですが、この『関係の定義』にジェンダー(性差・性別)が…