早稲田塾
GOOD PROFESSOR

学習院女子大学の教授インタビュー一覧

学習院女子大学
国際文化交流学部

工藤 晶人 准教授

複数の視点から見るフランス近現代史

2015年は、フランスの首都パリでテロ事件があいついだ年だった。1月にはイスラーム教の開祖ムハンマドを揶揄した週刊風刺画新聞社が襲撃され、11月には連続銃撃事件が起きた。それぞれの事件の犯人とされたのがアルジェリアやモロッコにルーツをもつイスラーム系移民だったことから、事件の背景に注目が集まった。

学習院女子大学
国際文化交流学部 日本文化学科

岩淵 令治 教授

新発見の史料から「江戸の素顔」を紹介

――岩淵令治教授は、江戸を中心とした近世都市史の先生だ。もとは中学生からの考古少年だった先生は、現在の東京から、人が生き、汚れも不正も矛盾もあった江戸という都市の実像を、新史料から読み解き、都市の実像を掘り起こし続けている。