「人間力」を鍛え、
高い学力を身につける早稲田塾

お申し込みは終了しました

2020年大学入試改革
激変する英語そして記述式は
早稲田塾で確実に攻略

入試改革で英語が激変!
キーワードは「リスニング重視」と「英語4技能」

入試改革後は、英語の試験が激変。「聴く」「読む」「話す」「書く」の4技能を総合的に評価するため、国公立・私立を問わず、多くの大学が民間の資格・検定試験のスコアを採用します。またセンター試験に代わり実施される大学入学共通テストの英語は、以下のように大きく変化します。

従来は4:1だった筆記とリスニングの配点比率が1:1になり、高得点獲得のためには、リスニングの攻略が欠かせません。さらに、これまで2回だった問題文の読み上げが1回になるなど、難度も上がります。

また、新入試では「聴く」「読む」「話す」「書く」の4技能を総合的に評価するため、国公立・私立を問わず、多くの大学で民間の資格・検定試験を採用。例えば東京大学では出願条件になり、東京工業大学では加点に繋がります。

難関私立でも、早稲田大学 政治経済学部・国際教養学部や上智大学などで、外部英語試験のスコアを使用することを既に発表しています。

数学や国語に記述式導入
求められる「思考力・判断力・表現力」

大学入試共通テストでは数学や国語で記述問題が出題され、従来評価の中心だった「知識・技能」に加え「思考力・表現力・判断力」が問われます。 記述式問題に対応するために必要なのは、「複数の情報を分析して新しい考えをまとめる思考力・判断力」。そして、自分の考えを明確にして採点者に正確に伝わるように解答する文章力や表現力も、文系・理系を問わず必須です。「思考力・判断力・表現力」の養成には、課題文・資料を正確に読み解き、要点をまとめて表現する練習を繰り返すことが有効。また、これらの力のベースとなる基礎知識は、早期に習得しておきましょう。

昨年11月に行われた共通テストの試行問題。理解した内容を論理的にまとめ表現する力が問われる。

入試の評価は「主体性等」が重要
推進されるポートフォリオの活用と、AO・推薦入試

新入試では、「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度(主体性等)」が、学力の3要素の1つとして重視されます。早慶上智などの一般入試でも「主体性等に関する書類(ポートフォリオ)」の提出が出願条件に。
受験生の主体性等を評価する入試は今までも実施されており、それが国公立大や難関私立大を中心に拡大しているAO・推薦入試です。高校生活を通して主体性等を身に着けるためには、まず目的意識を明確にすることが何よりも重要。早いうちから、将来やりたいことをはっきりさせて、高校生活をより充実したものにしましょう。

お申し込みは終了しました

3月13日(水)までのお申込みで3講座無料招待
早稲田塾 新年度特別招待講習おすすめ受講プラン例

推奨プラン①

大学入学共通テストに向けて、
早期に準備を始めたい
そんなあなたには…

  1. AO・推薦入試特別指導(論文系講座)
    ×1講座
  2. 英語特訓道場
    ×1講座
  3. 東進講座 新年度特別招待講習
    ×1講座
大学入学共通テストでは、「英語力」「記述力」「基礎学力」が総合的に問われます。早稲田塾ではこれらの力を伸ばせるカリキュラムを用意しています。大学入試改革に備えて、今から準備を始めましょう
推奨プラン②

将来の夢・
やりたいことを見つけたい、
自分の可能性を広げたい
そんなあなたには…

  1. AO・推薦入試特別指導(AO・推薦入試系講座)
    ×1講座
  2. AO・推薦入試特別指導(論文系講座)
    ×1講座
  3. 東進講座 新年度特別招待講習
    ×1講座
まずは自分を知り、将来の目標を見つけ、「何のために大学へ行くのか」を明確にしましょう。はっきりとした目標のもと、「記述力」や「基礎学力」を磨けば、あなたの可能性は大きく広がります。
推奨プラン③

英語資格・検定で
高得点を目指したい
そんなあなたには…

  1. 英語特訓道場
    ×1講座
  2. 東進講座 新年度特別招待講習
    ×2講座
入試に活用する大学が増えている英語資格。そこで重要となる英語4技能(聴く・読む・話す・書く)と基礎学力を鍛え上げ、高得点を目指しましょう。

講座紹介

以下の種類から講座受講が可能です。

①AO・推薦入試特別指導

今後拡大が予想されるAO・推薦入試の基本を身につける、
特別指導

AO・推薦入試の指導は、志望理由書を添削することではありません。これまでの経験や出会いによって得た自身の魅力を明確に自覚し、自分が望む未来の姿を具体的に描き、共感を生むストーリーとして大学に伝える力を、早稲田塾では独自のメンタリングメソッドで鍛えます。
新年度特別招待講習では、AO・推薦入試についての予備知識がない方でも、安心してスタートできる導入講座を開講します。第一志望大学へのもう一つの切符を手にするための大きなチャンスを、是非手にしてください。
※メンタリング/指示や命令に限らず対話による気づきや助言から自発的・自律的な発達を促す人財育成の方法

AO・推薦入試特別指導を通じて作成した提出資料(慶應義塾大学現役合格)

  • AO・推薦入試系講座
    3日体験
  • 論文系講座
    3日体験
  • AO・推薦入試特別指導
    1日体験

講義とグループワークで可能性を引き出す濃密な3日間!
AO推薦合格実績No.1の授業で合格に向けたスタートを切ろう

専任の進路発見指導スタッフ、プロ講師陣、大学生・大学院生のトレーナーによる多面的かつ重層的な3日間の指導で、あなたの潜在的な可能性を引き出します
AO・推薦入試合格実績No.1ならではの圧倒的な現役合格データから、各大学が求める人物像や過去の合格先輩の特徴など、具体的な分析データも公開

「AO・推薦入試の可能性が自分にどのくらいあるのかを知りたい!」という方は入門編の講座、「志望分野別のAO・推薦入試の具体的な指導を受けてみたい!」という方は大学別編の講座を受講できます。
また、「志望理由書の作成や2次試験に必須の文章表現力・論理的思考力などを鍛えたい」という方は論文系講座も体験できます。(160分×3回)

AO・推薦入試や一般入試、新大学入試で必須の文章力を鍛える3日間!

2020年大学入試改革に向けて、記述力・文章力はもはや入試に必須
自分の意見を論理的に伝える力は、AO・推薦入試では書類作成や、2次試験の小論文や面接で必須。一般入試でも、慶應義塾大学などでは小論文が入試科目に
国公立をはじめとして記述試験を取り入れる大学も多く、更に入試改革後の共通テストでは、国語と数学に記述問題が登場。また、文章を書く力をつけると、同時に文章を読む力も伸びて国語力がアップ。真の勉強の面白さに気づく3日間です。(160分×3日)

噂に聞く早稲田塾のAO指導を、ちょっとだけ体験してみたい人!
全12校舎で随時受付中 今すぐ受講できます

AO・推薦入試の合格プロセスを知る

そもそもAO・推薦入試とは何か、合格のために何をしたらいいのかを、合格した先輩のポートフォリオ作成プロセスをひもときながら、専門スタッフが個別に指導します。

2018年度慶應義塾大学合格者のポートフォリオ例

ガイドラインシートを元に出願戦略を練る

これまでの経験や実績、趣味や好きなものなど、あなたの個性を引き出す
「進路発見ガイドラインシート」や「ポートフォリオデザインシート」を記入し、
あなたにピッタリな出願大学プランを作成します。

現役合格に向けた出願スケジュールを提案

自分を知り、大学を知り、社会を知り、将来の夢を具体化したうえで、
現役合格にむけたロードマップを提案します。

※「ポートフォリオ」とは、学生の学びの履歴と将来像を可視化した資料の事で、新しい大学入試の中で提出書類の一部として位置づけられています。

合格者の声

受験生同士で高め合えるAO指導で
受験を超えた人間的成長を得た

慶應義塾大学

環境情報学部

岩崎はなえさん

東京女学館高校出身

「AO・推薦入試特別指導」では、自分の書いた志望理由書について、他の生徒からアドバイスをもらいました。自分一人だとうまく客観視できなくなりますが、そんなときに他の生徒からのちょっとした指摘が、大きな気づきになりました。面接対策で悩んだときも、他の生徒からアドバイスをもらうことで解決。受験生同士がお互いに高め合えるAO指導があったから、現役合格できたのだと思います。早稲田塾は、受験だけではなく、今後の人生に役立つことを高いレベルで学べる、人間的に成長できる場。AO入試では自分が楽しいと思うこと、好きなことに本気で向き合って、打ち込む。それが合格につながるのだから、こんなに良いことはないんじゃないかな。

お申し込みは終了しました

②英語特訓道場

AO・推薦でも必須の、
「聴く・読む・話す・書く」英語4技能を鍛え抜く。

2020年の大学入試改革に伴い、英検®やTEAP®、TOEFL® Test
やTOEIC®などの英語資格試験を入試に採用するケースが増え
ています。
「英語特訓道場」は、「聴く・読む・話す・書く」の英語4技能を
統合し、集中して鍛えるトレーニングメソッド。黒板の前で
講師が講義を行う一方的なスタイルではなく、武芸のように身体に
染み込むまで実践し、本物の英語力を体得します。

1 英語4技能を鍛える体系トレーニング

スラッシュリーディング(速読)、ホールセンテンストレーニング(音読)、シャドーイングなど、同時通訳者も行っている本格的な英語習得法を使って体系的にトレーニングが組み立てられています。

2 「集中」と「継続」が二本柱

一回一回のトレーニングに集中できるか、身につけた集中力を継続的に維持できるかが英語特訓道場の二本の柱です。「集中」と「継続」をもって「限られた時間で最大成果を得る」習慣が英語以外の他科目の勉強の型に活きてきます。

3 ネイティブのスピードで英語が聞きとれるようになる

「英語特訓道場」のナレーションスピードは1分間で160~180語。毎週80分のトレーニングを通して英語のシャワーを浴び続け、脳と体に染み込ませることでリスニング力を鍛え上げます。

4 「量」満ちてこそ、「質」が高まる

英単語は、英語学習者にとって基本中の基本。
年間修得単語数は、約2,000語。3年間続ければ、最大約8,000語の習得が可能です。(季節授業含む)

合格者の声

道場で伸ばした英語力が合格の決め手に記憶力や集中力は他の科目にも活かせた

東京工業大学

第7類

飯島快斗くん

芝高校出身

リスニング問題がかなり苦手だったので「道場」で集中して鍛えれば、リスニング力が伸びるかな?と思って入学。結果的に「英語特訓道場」で、効率よく英語力を伸ばせたことが、現役合格につながりました。「道場」のスゴイところは、ただ英語力を伸ばすだけではなく集中力が身につくところ。国立を志望していたこともあり、「道場」で磨いた集中力は、多様な受験科目で活かすことができました。たとえば、社会科の科目などでも短時間で記憶できるようになったと感じています。

お申し込みは終了しました

③東進講座

東大現役合格実績No.1※の「東進講座」で
全ての入試に対応できる学力を!

2020年の大学入試改革で求められる「思考力・判断力・表現力」。これらの能力は確かな知識にもとづかなくては、高められるものではありません。
早稲田塾では、日本No.1の東大現役合格実績を生み出した、実力講師陣の授業「東進講座」を用意しました。ここで得た知識を、他の講座で活用することで、絶大な相乗効果を発揮します。入門レベルから最難関大レベルまで、質の高い豊富なラインナップで、あなたにピッタリの講座を選ぶことができます。

※2018年の一般入試現役合格実績をホームページ・パンフレット・
チラシ等で公表している予備校の中で最大。東進調べ。
(東進ネットワーク合同実績)

「早稲田塾」×「東進」最強タッグのカリキュラムで第一志望大学現役合格を勝ち取ろう!

無料招待 完全予約制 先着順
1講座=90分×5回+講座修了判定テスト(一部3回または4回の講座あり)
※今すぐ体験できます!

合格者の声

東進で数学の成績アップ!
隙間時間で勉強する習慣がついた

法政大学

キャリアデザイン学部

小勝風花さん

都立石神井高等学校出身

高校ではハンドボール部に所属し、週6日で練習が入っていたので「東進講座」をフル活用していました。部活で疲れてから塾に行くので、ふつうの座学の講座はどうしても眠くなってしまう(笑)。その点、東進は映像授業なので自分のペースで学習できるし、講師陣の教え方もわかりやすくて魅力的。成績に不安があった数学は、重点的に繰り返し復習していました。すると、これまで数学のテストは平均点以下しか採ったことがなかったのに、東進を受講してから最初のテストでなんと90点を獲得! 学力向上を実感できるのがうれしくて、新たな科目を追加してずっとお世話になることに。部活は高3の5月に引退するまでずっと続けましたが、どんなに忙しくても隙間時間を有効に使って勉強する習慣がついたのは東進のおかげです。

お申し込みは終了しました

受講までの流れ

WEB・お電話・校舎受付にて
お申し込み

「受講前説明会」に参加

受講科目、日程をスタッフと相談
テキストを受け取り受講開始

実施要項

受講資格

新高1生~新高3生 (現中3生・現高1・2生)
<完全定員制・先着順>

講座内容

  1. 1. AO・推薦入試特別指導
  2. 2. 英語特訓道場
  3. 3. <東進講座> 新年度特別招待講習
※複数講座の受講可

申し込み期間

2019年1月19日(土) ~ 3月27日(水)

<3講座無料招待>3月13日(水)締切
<2講座無料招待>3月20日(水)締切
<1講座無料招待>3月27日(水)締切

受講期間

2019年1月20日(日) ~ 4月10日(水)

 

受講料

無料招待

※特別招待講習の申込みには、招待状が必要です。
お持ちでない方は招待状請求へお進みください。

 

    AO・推薦入試の活用法とは?

    2020年大学入試改革とは?

    第一志望を見つけよう

お申し込みは終了しました