新高1生の方は「未来へ個性を開花させるためのプログラム」へご参加ください。
詳しくはこちら

実施要項
受講資格 新高3生・新高2生
受講料 無料招待
講座内容
申し込み方法
申し込み締め切り 3月27(月)
東進講座の締め切りは
3/10(金)まで:2講座 3/27(月)まで:1講座
実施校舎一覧
    東京エリア
  • 四谷校 大崎品川校 新宿校 池袋校 秋葉原校 自由が丘校
    吉祥寺校 立川校 八王子校 町田校
    神奈川エリア
  • 川崎校 藤沢校 横浜校 金沢文庫校 青葉台校
    埼玉エリア
  • 大宮校 川口校 川越校 所沢校
    千葉エリア
  • 松戸校 柏校 津田沼校 本八幡校
AO・推薦入試特別講座<入門編>

1日完結 完全予約制 先着順(150分 個別授業)

AO・推薦入試は、学科試験では測定できない、“人物”や“学力”を多面的に評価する入試です。特別な経験や技能を持った人のための、いわゆる「一芸入試」ではありません。将来必要とされる「人間力」を測るのに、最も適した入試形式です。

AO・推薦入試では、各大学が「求める学生像」を掲げ、それに一致する学生を集めるため、面接・小論文などさまざまな方法で選抜を行います。ここで必要になるのは、付け焼刃の対策ではなく、大学が「出会いたい人」そのものになること。早稲田塾の「AO・推薦入試特別講座」では、将来のビジョン(社会で何を実現したいのか)を明確にし、面接や、プレゼンテーション、志望理由書などで必要となる表現力を育てます。

センパイVOICE

AO講座」では、志望理由を固めていくための知識を深めました。まだはっきりと将来のビジョンが見えていなかったので、講師のアドバイスを受けながら国際政治、日本の政治に関する幅広い勉強をし、自分が何をすべきなのかを模索していきました。その結果「東アジアの安全保障問題に取り組みたい」という目標が固まりました。

橋本果奈(はしもとかな)さん 慶應義塾大学・法学部
国立東京大学教育学部附属中等教育学校出身
論文系講座

120分×1回 完全予約制 先着順(集団授業)1講座受講可能

この時期から始まる論文講座は、論文を書くのは初めてというビギナーのための講座が中心です。論文が書けるかは、才能ではなく、トレーニング次第。執筆原稿に対して、丁寧な講評に加え、受講生同士のディスカッションなども行います。また、慶應・メディカル系・芸術系に関しては、それぞれの専門性を深めた視点をもつ専門講師から指導を受けられます。

センパイVOICE

論文作法(ろんぶんさっぽう)」で、一方的に指導を受けるだけではなく、同じ高校生の仲間とディスカッションを重ねるうちに、短期間でさまざまなことを学ぶことができ、気づくとスラスラ論文が書けるように。文章の重要な部分を見つけて要約することもできるようになりました。講師には、受験や将来のことなども気兼ねなく相談でき、ありがたかったです。

古川紗都海(ふるかわさとみ)さん 中央大学・法学部
捜真女学校高等学部 出身
英語特訓道場

80分×3回 完全予約制 先着順

「使える英語力」養成プログラム。同時通訳者も行っている英語習得法でトレーニングを行い、総合的な英語力を身につけます。
聴く・読む・書く・話す」の4技能を統合し、「楽しく」、しかし「妥協なく」鍛えるメソッドは、2020年の大学入試改革をまたずして、次々とAO・推薦入試や一般入試に導入される「英語4技能資格」の対策に最適。

英語特訓道場で重要になるのは、トレーニングに集中できるか、身につけた力を維持できるか。ここで鍛える「集中力」と「継続力」は、入試や仕事の場でも活きる「一生モノの力」につながります。

英語特訓道場4つのポイント

  • 「口から自然に出てくる」「耳にこびりつく」「応用できる」までトレーニングします。

  • 日本人が一番苦手とする発信力(Speaking & Writing)を高めます。

  • 「英語特訓道場」では、学習したフレーズをその場でコミュニケーションに使います。

  • 「英語特訓道場」のナレーションスピードは1分間で160~180語。重要フレーズを習得します。

★早稲田塾はTime社と特別ライセンスと結んでいます。

センパイVOICE

国際基督教大学(ICU)では英語力が不可欠。私にとって「英語特訓道場」はなくてはならない授業でした。道場では多くのフレーズや単語を身につけます。量もさることながら、上位のクラスを維持できるよう緊張感を保って勉強したことが、功を奏したと思います。

菅谷鈴夏(すがやりんか)さん 国際基督教大学・教養学部
山梨県立都留高校 出身
表現力開発講座

表現力開発のためのワークショップ。

ボイストレーニング、身体を使った表現トレーニングを通して、

自分の殻を破り、自己を表現する力を養成。

完全予約制 先着順 120分×1回

表現力開発講座は、社会の第一線で活躍するビジネスマンを対象に実施されている、本格的な人財開発ワークショップです。シアター(劇場)という360度さらされたステージで、自分自身の想いを表現する力を、様々な側面から鍛えます。このワークショップを受講した塾生は、土壇場のときに引かずに一歩前に出る精神力を体得します。近年の大学入試は、AO・推薦入試、一般入試を問わず「人物重視・多面評価」。あなた自身が丸ごと見られる入試が激増しています。付け焼き刃の対策では太刀打ちできないからこそ、早稲田塾では一生を通してあなたの“核”となる力を鍛えるのです。

表現のプロフェッショナル
音楽座ミュージカルによるプロデュース

表現力開発講座は、文化庁藝術祭賞、読売演劇大賞、紀伊國屋演劇賞など、日本の数多くの演劇賞を受賞したミュージカルカンパニーがプロデュース。舞台創造に留まらず、「やり方よりも在り方」をテーマにした人財研修を開発し、注目を集めています。最大手のテーマパーク、コンビニ、医療機関での研修、三越伊勢丹「もてなしの教室」、東京大学MOOC「インタラクティブティーチング」、独立行政法人教員研修センターでの教員研修などを担っています。

日程 時間 校舎
3/13(月)

17:10~19:10

19:40~21:40

横浜校
3/25(土)

16:30~18:30

19:00~21:00

秋葉原校
3/26(日)

10:30~12:30

14:00~16:00

16:30~18:30

新宿校

センパイVOICE

今まで受けたどの授業とも違っていて、はじめはビックリ。でも、ここで学ぶ「主体的に自分を発信していく姿勢」は、大学に入った今、とても重要なものだと実感しています。大学では、自分から情報をとりにいき、学んでいく必要がある。この姿勢は、社会に出てからも必ず役立つと感じました。

髙橋義英(たかはしよしひで)さん 日本大学・藝術学部/駒澤大学高校 出身
東進講座

完全予約制 先着順
1講座=90分×5回+講座修了判定テスト(一部3回または4回の講座あり)
通常1講座18,900円(税込)相当のところ、無料で体験できます。

高い「人間力」も「学力」も、確かな知識に基づかなくては、高められるものではありません。早稲田塾では、日本No.1の現役合格実績を生み出した実力講師陣の授業も受けられる「東進講座」を用意しました。ここで得た知識を、早稲田塾のアクティブラーニングで実践的に活用することで、絶大な相乗効果を発揮します。

「新年度特別招待講習」では、90分×5回の授業を行います。基礎から最難関レベルまで、質の高い豊富なラインナップから、自分にピッタリの講座を選ぶことができます。オーダーメイドの合格設計図を作成して、効率よく本質的な学力を身に付けていこう!

※1.2016年の一般入試現役合格実績をホームページ・パンフレット・チラシ等で公表している塾・予備校の中で最大。東進調べ
※2.2016年のAO・推薦入試現役合格実績をホームページ・パンフレット・チラシ等で公表している塾・予備校の中で最大。早稲田塾本部調べ

センパイVOICE

難関大学の問題を使った授業などで、赤本にはない丁寧な解説がついていたので、解き方の確認や、学力向上に役立ちました。講師の声が聞き取りやすく、解説がとても丁寧なので、全く眠くならず、60分(1.5倍速)集中して受講できました。また、授業に対応しているテキストが本当にわかりやすい。テキストを先に読んでおくと、講師の話のアウトラインを予想できるので、効率よく学べました。

峯 正也(みねまさや)さん 早稲田大学・教育学部
サレジオ学院高校 出身
トップリーダーによる特別公開授業&ワークショップ

4月9日(日)13:00~15:00 特別公開授業
15:00~17:00 ワークショップ
※都合がつかない方はご相談ください。

国境を越えて仕事をすることは、「選択」ではなく「必然」。もはや日本の大学を卒業するだけでは、自己実現は難しい時代です。国際舞台で堂々と挑戦、貢献し、そして人生をエンジョイできる人財になろう。帰国子女でなくても構わない。将来、世界で活躍したいなら、高校時代こそが鍵となる。
早稲田塾で「世界塾」を担当していますが、高校生の無限の可能性と、早稲田塾から未来のリーダーが育っていく手ごたえを、日々感じています。
(竹中平蔵教授より)