夏期特別招待講習の3つの特長

夏期特別招待講習では、
①AO・推薦入試に必要な力を身につける「AO・推薦入試特別指導」
②英語4技能を集中して鍛える「英語特訓道場」
③東大現役合格実績No.1※の「東進講座」
を無料で受講できます。


一般入試、AO・推薦入試、共通テストなどあらゆる入試に対応した
早稲田塾のカリキュラムを体験してみてください。

※2018年度の東大現役合格実績をホームページ・パンフレット・チラシ等で公表している予備校の中で最大。 東進調べ(東進ネットワーク合同実績)

高3生の君へ

  • 1

    一般入試は
    激戦が続く

  • 2

    現行入試の最終学年
    現役合格意識が高まる

  • 3

    AO・推薦
    入試枠の拡大

  • 難関私立大学(早稲田大学・慶應義塾大学・上智大学)では、2018年度入試まで入学者定員が厳格化された影響で、一般入試合格者は減少傾向でした。2019年度入試では厳格化の処置は延期となりましたが、21年度を目途に再検討することから、定員の大幅な変化は見られないと予想されます。さらに近年の入試難化による浪人生増加の余波を受け、一般入試は激戦が続くでしょう。

    一般入試

早稲田塾が第一志望現役合格に強い4つの理由

1

塾生の真の力を引き出す
進路発見指導

早稲田塾では「進路発見指導」を通じ、偏差値ではなく、塾生自身のやりたいことから行きたい大学を見つけます。さらに、各分野の第一線で活躍されている大学教授や有識者を講師に招き、テーマを多面的に深める「未来発見プログラム」を受講すれば、知識や表現力の修得に加えて、実際の体験から得た経験値をもとにした真の進路発見が可能になり、現役合格に大きく近づきます。

2

使える英語を身につける
充実の英語4技能講座

「英語特訓道場」では、同時通訳者養成にも活用されている本質的な英語修得法を採用。「聴く・読む・話す・書く」4技能が飛躍的に向上します。AO・推薦入試において必須の、TOEFL・TOEIC・TEAP・英検などの資格・検定試験対策も万全。また、最新のAIの活用と、ネイティブとの会話でスピーキング力・ライティング力を伸ばせる東進講座「英語4技能講座」なら、今まで難しかった「一人でスピーキング・ライティングのトレーニング」がいつでもどこでも可能です。

3

合格実績No.1の
AO・推薦入試指導

早稲田塾は、AO・推薦入試合格実績No.1。過去20年以上にわたってAO・推薦入試で合格した15000名以上のデータがあります。その膨大なデータから合格者のトータルな状況や成功要因を分析し、客観的な指標に基づいた指導を行っています。AO・推薦入試は、面接の形式や小論文の傾向などが大学・学部・方式によって大きく違うもの。そのため、入試直前期には総仕上げとして、60種類近くの大学・学部別対策を実施。ここまで徹底した対策できるのが早稲田塾です。

4

東大現役合格実績No.1※を
生み出す東進講座

早稲田塾では、東大現役合格実績No.1の実績を生み出した、実力講師陣の授業「東進講座」が受講可能。一流講師陣の授業をいつでもどこでも自分のレベルに合わせて受けられる映像授業や、基礎・基本を短時間で習得できる「高速マスター」、志望校の過去問題を採点・添削・解説で極めていく「過去問演習講座」など、完成されたシステムを使い、合格に向けて学力を伸ばします。

実施要項(高3生)

申込期間

2019/4/20(土)~7/20(土)

※AO・推薦入試特別指導または英語特訓道場から1講座 東進講座から1講座受講できます

受講期間

2019/4/21(日)~8/31(土)

※東進講座は7/31(水)まで

受講料

無料招待

講座紹介

1AO・推薦入試特別指導

目前に迫ったAO・推薦入試に向けて、

必要となる力を効率よく身につける。

AO・推薦入試合格実績NO.1※の早稲田塾カリキュラムで、目前に迫ったAO・推薦入試に必要な力を身につけましょう。 AO・推薦入試合格への道筋を明確にするAO・推薦系講座1日無料体験と、 志望理由書作成や2次試験などで必須の文章力を鍛える論文系講座を受講可能です。

※2019年のAO・推薦入試現役合格実績を公式WEBサイトで主として公開している塾・予備校の中で最大。(株式会社ジェイディーネット調べ)

早稲田塾の AO・推薦入試特別指導

1

添削とは異なる早稲田塾ならではの
「メンタリング」による指導がある!

AO・推薦入試の指導は志望理由書を添削することではありません。プロのメンターや受講生同士の対話を通して、自分だけでは認識し得ない可能性と研究テーマの発見につなげていきます。

2

圧倒的な現役合格実績データに基づく強力サポートがある!

早稲田塾では、圧倒的な現役合格データから、各大学が求める人物像や合格した先輩の特徴などを詳細に分析・研究しています。確かなデータをもとに担当のスタッフが伴走し、あなたの現役合格を強力にサポートします。

3

専門性の高い人的ネットワークがある!

AO・推薦入試の専任スタッフチーム、プロの講師陣、大学生・大学院生の担任助手による多面的かつ重層的な指導が受けられます。様々な人に出会い、対話を繰り返すことで、あなたの潜在的な能力を開花させ、真の自立を促します。

  • 論文系講座
    3日体験
  • AO・推薦入試系講座
    1日体験
  • AO・推薦入試など、受験生必須の文章力を鍛える3日間!

    AO・推薦入試での書類作成・小論文・面接や、国公立や難関私大の小論文・記述式問題など、入試を攻略するのに必須の記述力・文章力を身につけます。また、文章を書く力をつけることで、読解力もアップ。学力全体を底上げできる3日間です。(160分×3日)

    講座ラインナップ

    高3生
    論文作法<入門編>
    高3生
    AO・推薦小論文<入門編>
    高3生
    医学・メディカル系小論文

    日程は希望の校舎でご確認ください。

2英語特訓道場

入試方式を問わず活用する大学が増加する

英語4技能「聴く・読む・話す・書く」を鍛えぬく

一般入試、AO・推薦入試といった入試方式を問わず、英検やTEAP、TOEFL TestやTOEIC などの英語4技能資格試験を入試に採用するケースが増えています。「英語特訓道場」は、「聴く・読む・話す・書く」の英語4技能を統合し、集中して鍛えるトレーニングメソッド。黒板の前で講師が講義を行う一方的なスタイルではなく、武芸のように身体に染み込むまで実践し、本物の英語力を体得します。そのメソッドを凝縮した1日体験と、じっくり体験ができる3日体験からお選びいただけます。(80分×1回または3回)

日程は希望の校舎でご確認ください。

英語特訓道場の4つのポイント

1

英語4技能を鍛える体系トレーニング

スラッシュリーディング(速読)、ホールセンテンストレーニング(音読)、シャドーイング(復唱)など、同時通訳者の養成にも用いられている本格的な英語習得法を使って、体系的にトレーニングが組み立てられています。

2

「集中」と「継続」が二本柱

一回一回のトレーニングへの「集中」、身につけた集中力を維持するための「継続」が英語特訓道場の二本の柱です。「集中」と「継続」をもって「限られた時間で最大成果を得る習慣」が英語以外の科目の勉強の「型」につながります。

3

ネイティブのスピードで英語が聞き取れるようになる

「英語特訓道場」のナレーションスピードは1分間で160~180語。毎週80分のトレーニングを通して英語のシャワーを浴び続け、脳と体に染み込ませることでリスニング力を鍛え上げます。

4

「量」満ちてこそ、「質」が高まる

英単語は、英語学習者にとって基本中の基本。年間修得単語数は、約2,000語。3年間続ければ、最大約8,000語の習得が可能です。(季節授業含む)

3東進講座

東大現役合格実績No.1※の「東進講座」で

全ての入試に対応できる学力を!

※2018年の一般入試現役合格実績をホームページ・パンフレット・チラシ等で公表している予備校の中で最大。東進調べ。

一般入試、AO・推薦入試を問わず求められる学力は、確かな知識にもとづかなくては高められるものではありません。早稲田塾では、 日本No.1の東大現役合格実績を生み出した、実力講師陣の授業「東進講座」をご用意しました。ここで得た知識を、他の講座で実践することで、絶大な相乗効果を発揮。「部活生・夏期特別招待講習」では、90分×5回の授業を行います。入門レベルから最難関大レベルまで、質の高い豊富なラインナップで、あなたにピッタリの講座を選ぶことができます。

「早稲田塾」×「東進」最強タッグのカリキュラムで 第一志望大学現役合格を勝ち取ろう!

無料招待 完全予約制 先着順

1講座=90分×5回+講座修了判定テスト(一部3回または4回の講座あり)

※今すぐ体験できます!

>

受講までの流れ

1. お申し込み

WEB、お電話、校舎受付のいずれかの方法でお申し込み

2. 初回授業

「受講前説明会」に参加

3. 面談

受講科目、日程をスタッフと相談

Topに戻る

校舎一覧

最高の学習環境を君に。