AO・推薦入試について知っておくべき7つの理由

早慶上

2015年度から2017年度入試方式の増減率

AO・推薦入試は、学科試験のみの一般入試では測定できない、“将来社会に出てからも必要となる人間力”を多面的に評価する入試です。一次の書類審査から、面接やグループディスカッションなどを課す二次試験まで、一般入試の何倍もの労力をかけて各大学がAO・推薦入試を実施するのは、「本当に出会いたい人財」を求めているから。旧来の知識偏重型の教育から脱却すべく、今、各大学がAO・推薦入試での合格枠を増やしています。年々拡大するAO入試・推薦入試と、減少している一般入試。これから大学受験を目指すなら、AO入試・推薦入試を視野に入れよう。

大学入試改革に向け、一般入試、AO・推薦入試問わず、今まで見たことのないような問題が出題されるようになりました。最新の入試問題を見てみましょう。

早稲田大学・創造理工学部
<2017年度 AO入試問題>(一部抜粋)

問2 その風景や空間(または場所)を描いた時に考えたあなた自身の考えを解答用紙のマス目の中に320字以内で記してください。 

問題の全文はこちら

比べてみよう!

東京大学 前期試験 英語
<2017年度 一般入試問題>
第2問(A)より抜粋 

この画像についてあなたが思うことを述べよ。
全体で60~80語の英語で答えること。

上は、早稲田大学のAO入試の問題、下は東京大学の一般試験の問題です。
実際の問題からも分かるように、大学入試は知識偏重型から変わりつつあり、AO・推薦入試と一般入試で問われる力は共通してきているのです。

AO・推薦入試=特別な実績・才能を持った人のための一芸入試。これは、大きな間違いです。事実、夏から早稲田塾に入学する高校2年生のうち、約9割がAO・推薦入試にチャレンジしています。もちろん、突出した実績のある生徒のみを集めているわけでもありません。
AO・推薦入試が評価するのは、「全国大会に出た」「賞状を何枚ももらった」などの華々しい実績ではなく、「あなたが今まで何に努力し、その経験から何を学んだのか」、そして「将来どんなことをやっていきたいのか」です。「私にはアピールするものなんて何もない…」と諦めるのは早計。あなたの中に隠されている原石を私たちが採掘し、一緒に大事に磨いていきます。

この冬早稲田塾で、AO・推薦入試対策を始めよう!

冬期特別招待講習講座のラインナップを紹介します

AO・推薦入試特別講座

AO・推薦入試に向けてスタートを切るための、特選講座です。

英語特訓道場

「聴く・読む・話す・書く」英語4技能を鍛え抜き、本物の英語力を育てます。

東進講座

「早稲田塾」×「東進」最強タッグのカリキュラムで絶大な相乗効果を発揮します。

早稲田塾の冬期特別招待講習では、以上3つの講座に無料招待します。

①AO・推薦入試特別講座

AO・推薦入試に向けてスタートを切るための、特選講座。

AO入試・推薦入試は、学科試験で測定できない、“人物”や“学力”を多面的に評価する入試です。 特別な経験や技能を持った人のための、いわゆる「一芸入試」ではありません。正しい理解を得て現役合格のチャンスを増やしましょう。 「AO・推薦入試特別講座」では、毎年圧倒的合格実績を生み出す早稲田塾のエッセンスを体験できます。

3日完結 完全予約制 先着順

今すぐスタート! 入門編から志望大学別講座など、3回にわたって、AO・推薦入試特別講座のエッセンスをじっくり体験できます!


学年別講座一覧と日程はこちら

新高3生 新高2生 新高1生

1日完結 完全予約制 先着順(150分 個別授業)

噂に聞く早稲田塾のAO講座を、ちょっとだけ体験してみたい人!全12校舎で随時受付中 今すぐ受講できます

提出書類のポイントを徹底伝授!

秘伝のテキストを使用し、ポイントをわかりやすく解説。
合格した先輩の提出書類もひもときながら、専門スタッフが個別に
指導します。

「志望理由書の型」を身につける

提出書類の基本となる、志望理由書の真髄をレクチャーし、
専門スタッフによる指導のもと、あなただけの志望理由書を実際に執筆します。

ガイドラインシートを元に進路発見診断票と出願戦略を作成

オーダーメイド診断で、あなたにピッタリな出願大学プランを作成。
AO・推薦入試は複数大学への併願も可能。あなたの合格の可能性を最大限に広げます。

②英語特訓道場

AO・推薦でも必須の、
「聴く・読む・話す・書く」英語4技能を鍛え抜く。

近年はAO 入試においても「聴く・読む・話す・書く」の英語4技能が重視されるようになりました。国公立や難関私立でも、TOEIC・TOEFLなど英語資格・スコアを出願条件や合否判定基準に採用するケースが続出しています。「英語特訓道場」は、「聴く・読む・話す・書く」の英語4技能を統合し、集中して鍛えるトレーニングメソッド。黒板の前で講師が講義を行う一方的なスタイルではなく、武芸のように身体に染み込むまで実践し、組手のようにコミュニケーションをとり、時には教えあうことで、本物の英語力を体得します。

1 英語の“かたまり”=コロケーションを体得し語感を身につける

専門トレーナーの指導のもと、「口から自然に出てくる」「耳にこびりつく」「応用できる」まで トレーニングします

2 大量の「表現の引き出し」を作り言葉を創造し、発信する力を鍛える

コロケーションを駆使して、日本人が一番苦手とする発信力(Speaking & Writing)を高めます。

3 チーム学習でコミュニケーション力を高める

英語はコミュニケーションツール。「英語特訓道場」では、学習したフレーズをその場でコミュニケーションに使います。

4 ネイティブのスピードで英語が聞きとれるようになる

「英語特訓道場」のナレーションスピードは1分間で160~180語。毎週100分(季節授業は80分)のトレーニングを通して、重要フレーズを習得します。

※英検2級~準1級レベルの中級編 と英検3級~準2級レベルの初級編があります。

③東進講座

東大現役合格実績No.1※1の「東進講座」で実力アップ!

「人間力」も「学力」も、確かな知識にもとづかなくては、高められるものではありません。 早稲田塾では、日本No.1の東大現役合格実績を生み出した、実力講師陣の授業「東進講座」を用意しました。ここで得た知識を、早稲田塾のアクティブラーニングで実践することで、絶大な相乗効果を発揮します。「冬期特別招待講習」では、90分×5回の授業を行います。基礎レベルから最難関大レベルまで、質の高い豊富なラインナップで、君にピッタリの講座を選ぶことができます。

東進の実力講師陣

※1.2017年の一般入試現役合格実績をホームページ・パンフレット・チラシ等で公表している予備校の中で最大。東進調べ。

「早稲田塾」×「東進」最強タッグのカリキュラムで第一志望大学現役合格を勝ち取ろう!

※東進で実施している「冬期特別招待講習」と同じ講座を、早稲田塾で無料で体験できます。

無料招待 完全予約制 先着順

1講座=90分×5回+講座修了判定テスト(一部3回または4回の講座あり)

※今すぐ体験できます!

学年別講座一覧はこちら

新高3生 新高2生 新高1生

受講までの流れ

Web・お電話にて
お申し込み

「受講前説明会」に参加し、
受講科目・日程を相談

受講開始

実施要項

受講資格

新高3生・新高2生・新高1生
(現高2生・高1生・中3生)
※完全予約制・先着順

講座内容

  1. AO・推薦入試特別講座
  2. 英語特訓道場
  3. 東進講座

申し込み期間

12月23日(祝・土)まで

講座 12月10日(日)まで

講座 12月17日(日)まで

講座 12月23日祝・土)まで

※「AO・推薦入試特別講座」「英語特訓道場」「東進講座」の中から、お好きな講座を組み合わせて受講できます。

受講期間

2018年1月7日(日)まで

受講料

無料招待