早稲田塾

現役合格物語 現役合格したあの先輩達は、どんな高校生活を送っていたのだろう。後輩達に贈るメッセージ。

コミュニケーションをはかり心のケアもできる薬剤師に!

第35期生 辰広唯菜 (たつひろゆいな)

通塾情報

出身校 大宮校
出身高校 淑徳与野高校
タイプ 学力・成績向上が目的
夢・目標 薬剤師

進学情報

受験方式 公募制推薦
大学 明治薬科大学
学部 薬学部

──[入塾の〈きっかけ〉] ここなら安心して勉強できそう

高1から高2まで、塾に行かず勉強を進めていたのですが、なかなかコンスタントに取り組むことができませんでした。とくに計画をたてるのがニガテで……。このまま自己流で勉強していてもよいのかと迷い、塾に入ろうと決意。当時は大宮校ができたばかりだったので、友だちもつくりやすいだろう、と早稲田塾へ。明るい雰囲気で、スタッフもとても親身に声をかけてくれて「ここなら安心して勉強できそう!」と感じた。見学したその日に入塾を決めました。

──[印象に残った〈イベント〉] 「白熱! 現合ユニット攻略セミナー」で推薦入試を知る

「進学先を本格的に絞りこまなきゃ」と考えていた高3の春。薬学部に進学した早稲田塾の先輩が、夏休みの勉強法や大学別の攻略情報を教えてくれる「現合ユニット攻略セミナー」に参加しました。そこでわかったのは、一般入試以外にも、AO・推薦入試などさまざまな入試形態があること。それまでは一般入試を考えていましたが、チャンスを増やそうと、推薦にチャレンジすることにしました。

──[刺激的だった〈スーパープログラム〉] スーパー生命創薬科学ワークショップで刺激をうける

正念場といわれる高3の夏休み。ワクワクしながら参加した「スーパー生命創薬科学ワークショップ」では、東京理科大学の教授の指導のもと、合成した薬を細胞につけることによってどう変化するかを調べる「生理活性物質測定」という実験に挑戦。実験の難しさを痛感するとともに、「やっぱり薬学の道に進みたい」と決意を新たにしました。また、他の校舎や学年の違う友だちとチームを組み、プレゼンにまとめていくというプロセスがすごく刺激的だった! 化学が好きな友だちと仮説をたてて実験してみる、貴重な時間でした。

──[早稲田塾での〈生活〉] 早稲田塾の「部活」でネパールの教育支援

大崎品川校の友だちに誘われ、早稲田塾の公式部活「スーパージョシ会」にも参加しました。メンバーは27名。社会貢献活動の一環として、手紙と鉛筆を集め、ネパールの中学生、高校生に送りました。後日受け取った写真を見て、「ネパールにも人とのつながりができたんだ!」と実感でき、うれしく思いました。

──[大学・学部を選んだ〈理由〉] 病院での臨床実習で現場を学ぶ

いよいよ進学先を決める段階になり、さまざまな大学の薬学部からパンフレットを集め、カリキュラムなどを比較。明治薬科大学では、5年前期の5か月間の実習に加え、後期にコース別に6か月の研修を行うことがわかった。病院薬学コースでは、臨床で薬物治療に貢献していくための専門的な実習がある。実戦的なカリキュラムが充実している点にひかれ、明治薬科大を受験しようと決めました。

──[私を支えてくれた〈スタッフ〉] 早稲田塾は、毎日行きたい場所

早稲田塾のスタッフと話すことで、モヤモヤしていた私の志望動機がどんどん明確になっていきました。いつも親身に対応してくれるので、早稲田塾は私にとって、「毎日行きたいくらい楽しい場所」。大学生となった今、インターンとして、塾生たちの相談に乗れることがとてもうれしいです。

──[将来の〈夢〉] 患者とコミュニケーションがとれる薬剤師に

テレビドラマで見た白衣の主人公に憧れ、薬剤師という職業に興味をもちました。私が出会った薬剤師の方は、皆とてもやさしく、病気への不安を解消してくれた。患者や相談者と直接対面し、病気や日々の過ごし方について相談に乗る薬剤師は、重要な役割を担う存在です。病気を治すということだけではなく、患者さんの不安を払拭できる、丁寧にコミュニケーションをとれる薬剤師になりたい。

私の「淑徳与野高校自慢」

修学旅行としてアメリカに1週間ホームステイします。私は、ホストファミリーと一緒に滝を見に行ったり、海にでかけたりしました。最初は話すスピードが速くてドキドキしましたが、段々とコミュニケーションがとれるように。この経験が、自信につながりました。

私の「明治薬科大学 薬学部 現役合格アイテム」

化学の参考書、My Revolution Card、明治薬科大学のシャープペンシルとお守り

化学の参考書、My Revolution Card、明治薬科大学のシャープペンシルとお守り

化学の参考書は、明治薬科大学合格の要に。My Revolution Cardは、自習室に行くたびにスタンプが貯まり、「勉強しているな」と実感できた。シャーペンやお守りは、受験当日の心の支えとなりました。

フォトギャラリー

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4

辰広唯菜さんの
ミレニアム・ゴール・ポイント

学習時間をポイント換算し、対応金額をマラリア撲滅のために、ミレニアム・プロミスに寄付します。

ミレニアム・プロミス

4227mgp

カプセル1057相当

"ミレニアム・ゴール・ポイント"システムとは?

辰広唯菜さん 卒業の大宮校

大宮校

さいたま第1号校舎! 地元高校生の幅広いニーズに応え、進路発見の専門スタッフが伴走。国公立・私立大学、文系理系を問わず、第一志望大学の現役合格を実現する。

大宮校の詳細を見る

大宮校レポート

夏期特別招待講習 特別招待講習