早稲田塾

現役合格物語 現役合格したあの先輩達は、どんな高校生活を送っていたのだろう。後輩達に贈るメッセージ。

高3夏から日本史マスター! 明大から公認会計士へ

第35期生 高杉香於里 (たかすぎかおり)

通塾情報

出身校 川崎校
出身高校 神奈川県立鶴見高校
部活 ハンドボール
タイプ 学力・成績向上が目的
夢・目標 公認会計士

進学情報

受験方式 一般入試
大学 明治大学
学部 商学部

──[私の〈ハイスクールライフ〉] ハンドボールで一致団結!

高校では、ハンドボール部の練習に専念していました。ハンドボールは7人チーム制のスポーツですが、高1のころは部員がチームを構成する定員数に満たないことから、男女一緒に練習したり、他校と合同で試合に参加したりしました。そうして迎えた高2。後輩がたくさん入部してくれたので、ようやくチームを組むことができた。市の大会に鶴見高校だけのメンバーで出られたときは、本当にうれしかった! 絆も強まったと思います。

──[入塾の〈きっかけ〉] 川崎校第一期生として心機一転、がんばる!

入塾は、高3に進級する春休み。「本格的に受験対策をしたい」と母に相談したところ、私の代わりに塾をまわって調べてくれた。そんな母がすすめてくれたのが、早稲田塾。「スタッフの笑顔と雰囲気がよかった」というので、一緒に見学へ。川崎校は当時オープンして間もない時期で、私は第一期生。ここなら心機一転、新しい友だちや環境の中で頑張ることができそう。授業は少人数制だし、他の塾生と話す機会も多いので、すぐに仲良くなることができました。

──[タメになった〈授業・カリキュラム〉] 理系から文転、高3から日本史をマスター

高2までは高校で理系科目を選択していたので、まったく日本史を受講していませんでした。そんななか、とても悩みながら高3で文転を決めた。まわりの友だちはすでに室町時代を勉強しているのに、私は原始時代から勉強して追いついていかなければいけない。すごく焦りました。本当にまずいと、夏くらいから塾で日本史の授業をとりはじめ、配付されたプリントをノートに整理して効率的に勉強していくように。ノートは、たとえば「近代史の経済」というように、テーマごとにまとめる。1問1答で考えるのではなく、長いスパンのなかでどのようにインフレやデフレが繰り返されるかという視点で、歴史をとらえていきました。また、講師が解説したことはすべて付箋や色ペンでメモ。大事なポイントは赤で、次は青で塗り分けるなど、要点を明確にすることで、理解を深めていきました。そうした積み重ねの結果、受験前にはなんと塾のテストで満点! 優秀者として名前が掲示されたときは、本当にうれしかった。

──[大学・学部を選んだ〈理由〉] 公認会計士になる夢を実現できる場所

高校から、「オープンキャンパスに行く」という課題が出され明治大学に行ったところ、学生に活気があって「ここに進学したい」と思いました。また、当時から公認会計士になりたいという思いがあったので、講師やスタッフに相談したところ、明治大学から公認会計士が多く輩出されていることもわかった。夢の実現のため、さらには大学生活を楽しく送りたいという思いから、明治大学を受験することに決定。
経営学部を先に受けたところ、残念ながら結果は出せず……。しばらくは涙がとまらなかったけれど、気持ちを切りかえて商学部を受験。無事、合格通知を得ることができました!

──[将来の〈夢〉] 会社や人のために貢献できる公認会計士に

高2のころに、高校で公認会計士の方の講演を聞く機会があり、会社を建てなおしたり、人の役にたつ仕事内容にひかれました。その方は、海外にも活躍の幅を広げているといい、とってもかっこよくみえた。また、税理士である父の影響もあり、もともと経営や会計の資格をとりたいと思っていたので、決心はかたまりました。まずは、資格取得にむけてがんばります!

私の「神奈川県立鶴見高校自慢」

文武両道がモットーで、生徒の多くが部活に取り組んでいます。全国大会に出場する部活も多い。修学旅行では、沖縄で民泊をして子どもたちと触れ合うことができました。受け入れ先のお宅によって、90歳をすぎたおばあちゃんから昔の話をきいたり、楽器を習ったりと素敵な経験を積むことができます。

私の「明治大学 商学部 現役合格アイテム」

日本史のノート

日本史のノート

高3からスタートした日本史でしたが、終盤にはテストで満点をとることができた。テーマごとにまとめたことで、とても記憶に定着しました。

フォトギャラリー

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4

高杉香於里さんの
ミレニアム・ゴール・ポイント

学習時間をポイント換算し、対応金額をマラリア撲滅のために、ミレニアム・プロミスに寄付します。

ミレニアム・プロミス

6371mgp

カプセル1593相当

"ミレニアム・ゴール・ポイント"システムとは?

高杉香於里さん 卒業の川崎校

川崎校

川崎校は絶好のロケーション。近隣校舎とのアクセスの良さを活かし、フリーパスシステムを活用すれば、カリキュラムの充実度No.1! 自分の将来をここで発見し、デザインしよう。

川崎校の詳細を見る

川崎校レポート