早稲田塾

現役合格物語 現役合格したあの先輩達は、どんな高校生活を送っていたのだろう。後輩達に贈るメッセージ。

早稲田塾で英語力を磨き、京大に合格!

第36期生 松本晋太朗 (まつもとしんたろう)

通塾情報

出身校 立川校
出身高校 都立立川高校
部活 テニス
タイプ 部活動、生徒会など学校行事と両立
夢・目標 これまで世の中になかった新しいモノを生み出す技術者・研究者

進学情報

受験方式 一般入試
大学 京都大学
学部 工学部

──[入塾の 〈きっかけ〉]充実した自習室に惹かれて入塾

早稲田塾に入ったのは高2の冬。高校が進学校だったので周りの友だちも皆やる気を出していて、「そろそろ僕も」と考え塾を探し始めました。塾選びのときに一番重視していたのは、「使いやすい自習室があること」。僕は自宅ではなかなか勉強に集中できないタイプなので、集中できるスペースを確保したかった。その点で早稲田塾の自習室はすごく清潔で快適だし、周りの生徒も静かなので自分に向いていると思いました。「受験に関する有益な情報を共有してくれること」や、「講師やスタッフの雰囲気が明るいこと」も好印象で、実は他の大手学習塾も見学はしていたのですが、やはり早稲田塾がいいな、と決めました。

──[タメになった〈授業・カリキュラム〉]「英単語道場」と「英文読解」で英語力アップ

早稲田塾で受けていた授業は、「英単語道場」と「英文読解」。もともと僕は理系科目が得意だったので、おろそかになりがちな英語を集中的に塾で勉強し力をつけておきたいと考えました。「英単語道場」はすごく進行がスピーディで、しっかり集中しないとついていけない。英語力が上がったのはもちろんですが、それ以上に長時間集中力を保つ練習ができたことが大きかった。僕はもともとあまり集中力がなくて、自習するときも30分勉強したら一休みするという感じ(笑)。「英文読解」は、使用する教材の要点がよくまとまっていて、短時間で効率良く知識を吸収することができた。早稲田塾で英語を強化できたおかげで、受験にも自信を持って臨めたと思います。

──[私の〈ハイスクールライフ〉]学校行事も部活もしっかり楽しめた

学校の行事に参加するのが大好きで、いろんな行事で皆と一緒に盛り上がりました。特に印象的なのは、高3の時の合唱祭でクラスのチーフに就任したこと。クラスのまとめ役ということもあって忙しく、勉強をする時間が減ってしまうこともあったけれど、「絶対に優秀賞をとろう!」と皆で一丸になって頑張れたのはとてもいい思い出。今となっては、チーフになって本当に良かったと思います。
部活は、軟式テニスと軽音楽部をかけもちしていて、バンドではギター、ボーカル、ドラムなどを担当しました。早稲田塾の授業で効率的に学べたおかげもあって、高校生活が「勉強だけ」ではない充実したものにできたんじゃないかな、と思います。

──[早稲田塾での〈生活〉]毎日自習室で学び、合格へ近づく

早稲田塾に入って良かったと思うのは、講師やスタッフがとてもフレンドリーで、皆気軽に話しかけてくれたり、相談に乗ってくれたこと。おかげで塾に行くと元気がもらえるような気がしました。そして入塾の決め手にもなった自習室は、高2から高3にかけて、授業がない日も含めてほとんど毎日使っていて、僕が一番乗りという日も多かった。家で勉強をするのが苦手な僕にとって、快適な自習室は本当にありがたかった。おかげで高2の後半に入塾してから、それまでよりずっと勉強することが楽しくなったし、 高3の後半に入る頃には勉強することが楽しくて、気がつくと1日中勉強することも苦ではなくなりました。 センター試験前はプレッシャーに押しつぶされそうにもなったけれど、 学校の友だちや塾のスタッフの励ましを受け、最後まで頑張り抜くことができました。

──[将来の〈夢〉]京大工学部で、「モノ作り」への夢を叶えたい

僕が京都大学工学部を選んだのは、子どもの頃からモノ作りに興味があったことと、東京を離れて一人暮らしをしてみたかったこと。京大は多くの優秀な科学者・研究者を輩出している、理想的な大学だと思います。将来の、具体的な職業や分野まではまだ決まっていません。でも、どんな分野であれ、これまで世の中になかったようなモノを自分の手で生み出し、広めてみたい。京大は学術研究にも強いので、研究者として新しい発見をすることにも興味があります。

私の「都立立川高校自慢」

優しい仲間がたくさんいる高校で、「人」に恵まれた3年間でした。行事や部活に対しても皆積極的なので、楽しく過ごすことができました。

私の「京都大学 工学部 現役合格アイテム」

iPhone5

iPhone5

iPhoneには本当にお世話になりました。勉強していて疲れたときにゲームで一息ついたり、BGMを聞いたり、わからないことがあったら検索したり。常に手放せないアイテムでした。

フォトギャラリー

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4

松本晋太朗さんの
ミレニアム・ゴール・ポイント

学習時間をポイント換算し、対応金額をマラリア撲滅のために、ミレニアム・プロミスに寄付します。

ミレニアム・プロミス

1910mgp

カプセル478相当

"ミレニアム・ゴール・ポイント"システムとは?

松本晋太朗さん
オススメのカリキュラム

「聴く・読む・書く・話す」

英語の4技能すべてを鍛える「英単語道場」

→詳細はこちら

松本晋太朗さん 卒業の立川校

立川校

音楽とアートの街、立川。国公立大の現役合格指導から、両立に励む部活生のバックアップまで万全。
第一志望を目指す、志高き高校生は集合だ!

立川校の詳細を見る

立川校レポート