早稲田塾

現役合格物語 現役合格したあの先輩達は、どんな高校生活を送っていたのだろう。後輩達に贈るメッセージ。

英語をマスターして、世界を舞台に活躍する!

第36期生 塚本大祐 (つかもとだいすけ)

通塾情報

出身校 八王子校
出身高校 都立南平高校
部活 ハンドボール
タイプ 部活動、生徒会など学校行事と両立
夢・目標 国連の職員

進学情報

受験方式 一般入試
大学 青山学院大学
学部 国際政治経済学部

──[入塾の〈きっかけ〉]自分のペースで勉強できる環境に魅力を感じた

入学したのは、高3春。高校で同じクラスの友達が通っていて、「大学受験するなら早稲田塾がいい」と言っていたので、それほど言うならと見学へ。授業を体験した中で、自分に合っていると思ったのが「個別視聴型授業」でした。わからない点があれば一時停止したり、戻ったり、再生スピードも変えることが可能。これなら、自分のペースで内容を理解するまで勉強できると思いました。また、集団チーム型授業では、他の生徒とディスカッションする場面があるのも新鮮でした。校舎の建物も改装されたばかりで、とてもキレイ。ここでなら、気持ち良く勉強に取り組めると思って入学しました。

──[タメになった〈授業・カリキュラム〉]「個別視聴型授業」で英文法をマスター

英語を集中的に勉強したかったので、英語に関する授業を重点的に受講。その中でも、特に「個別視聴型授業」を活用しました。特に英文法は入学してから時間をかけて取り組み、夏休みには塾が開く朝の8時半から夜の9時まで自習室にこもる日々。レベルの高い「ADVANCED」については、トータルすると1000問くらいの問題があるのですが、それを2周分やりました。そのおかげで、英文法のテストでは校舎内で2位に! 成果が目に見えるカタチで表れたので、自信を持つことができました。
集団チーム型授業では現代文を受講。様々な大学の過去問を授業以外の時間で解き、実際の授業で自分の答えについて説明するというスタイルでした。なぜその答えなのか、根拠を示すことが求められたので、「何となく」というわけにはいきません。解答を導き出すために徹底的に考え抜くことの大切さを、この授業で学びました。

──[私の〈ハイスクールライフ〉]部活での悔しさをバネに大学合格を目指す

高校ではハンドボール部に所属。3年間、チームの勝利を目指して頑張っていました。実際のところは、なかなか試合に出る機会に恵まれず……喜びや達成感よりも、悔しい思いの方が大きいかもしれません。でも、部活を引退し、受験勉強に本格的に取り組むようになって思ったのは、「勉強ではチームメイトに絶対負けない!」ということ。なので、夏休みは塾が開館してから閉館するまで、自習室で毎日12時間以上勉強し続けました。正直大変でしたが、根を上げずに継続することができたのは、部活での経験があったからだと思っています。

──[大学・学部を選んだ〈理由〉]英語力と国際感覚を磨きたかった

受験科目の中に政治経済があり、勉強している中で国連について知る機会がありました。世界にあふれる様々な問題を解決するために、国連は機能している。そのことを知り、将来は自分もその一員になりたいと考え、国際関係の学部への進学を希望しました。第一志望は、青山学院大学の国際政治経済学部。国際問題を学べることはもちろん、英語で授業を受けることができるのも魅力的でした。また、キャンパスのちょうど目の前に、国連の施設である国連大学があり、「頑張って勉強するぞ!」という気持ちになれそうだとも思いました。

──[私の〈受験ストーリー〉]「現役合格!」という決意で、受験に臨む

入試では、青学の国際政治経済学部をセンター利用で受験。難易度が相当高いことは承知の上でしたが、あえなく不合格……一般入試に全てを懸けることになりました。試験は2月の半ばで、その時点では受験した他の大学の合否もまだ明らかになっておらず、「もしかしたら浪人かも」という考えも頭をよぎりました。
英語と政治経済は得意だったので、ある程度の自信はありました。でも、現代文はとても苦手。成績がずっと上がらないまま、試験の時期を迎えました。センター試験も案の定ダメだったので、一般入試の直前ではありましたが、思い切って勉強の仕方を変更。1日1時間、音読をするようにしたところ、文章の理解が徐々に深まり、問題がスラスラ解けるように。「絶対に現役で合格する!」と、自信を持って青学を受験。無事、合格できました!

──[将来の〈夢〉]英語を深く学んで、世界を舞台に活躍したい

国連で働くという夢を叶えるために不可欠なのは、何と言っても語学力。大学では英語を積極的に勉強していくつもりです。英語で講義が行われる授業を履修し、サークル活動ではESSに入って英語を話す機会を作っていきたい。また、大学在学中には1年以上海外の大学に留学したいし、卒業後は海外の大学院でさらに勉強を重ねたい。ハードルは高いですが、前向きにチャレンジしていこうと思っています。

私の「都立南平高校自慢」

高校は東京の日野市にあり、周囲はとても自然豊か。生徒はみんな真面目で、落ち着いた環境の中、学業にも部活にも一生懸命取り組んでいます。すぐ近くには、動物園もあります。

私の「青山学院大学 国際政治経済学部 現役合格アイテム」

政治経済ノート、英単語ノート、大学のパンフレット

政治経済ノート、英単語ノート、大学のパンフレット

政治経済を勉強している中で、気になったことや疑問に思ったことを、自分なりにノートにまとめていました。また、英単語を覚えるためノートも作って、ひたすら書いて覚えた。大学のパンフレットは、「この大学・学部に絶対合格するんだ!」というモチベーションを保つために役に立ちました。

フォトギャラリー

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4

塚本大祐さんの
ミレニアム・ゴール・ポイント

学習時間をポイント換算し、対応金額をマラリア撲滅のために、ミレニアム・プロミスに寄付します。

ミレニアム・プロミス

2963mgp

カプセル741相当

"ミレニアム・ゴール・ポイント"システムとは?

塚本大祐さん
オススメのカリキュラム

塾生自らが学び合い教え合う


「集団チーム型授業」

→詳細はこちら

塚本大祐さん 卒業の八王子校

八王子校

学園都市八王子のアットホームな「第二の家」。
首都大、早慶、MARCHなど、人気難関大へのカリキュラムが充実。

八王子校の詳細を見る

八王子校レポート