早稲田塾

現役合格物語 現役合格したあの先輩達は、どんな高校生活を送っていたのだろう。後輩達に贈るメッセージ。

塾で将来の夢が明確に!癌の副作用を減らしたい

第38期生 木村友紀 (きむらとものり)

通塾情報

出身校 新宿校
出身高校 成城高校
タイプ 学力・成績向上が目的
夢・目標 医者

進学情報

受験方式 一般入試
大学 千葉大学
学部 医学部

──[早稲田塾入学の〈きっかけ〉] 早稲田塾に通っていた兄にすすめられて

高校二年生の11月、そろそろ塾に入ろうと考えていた時に、早稲田塾に通っていた兄に、「塾生同士みんな仲が良くて楽しいから、ぜひ行ってみたら」とすすめられたんです。実際通ってみて思うことですが、これは本当にその通り。友達もたくさんできました。
元々、小さいころから医者になりたいと考えていて、入学した新宿校に医学部受験に強いスタッフがいたり、講座があったりしたのは本当に偶然(笑)。早稲田塾に入って正解でした。

──[タメになった〈授業・カリキュラム〉] 勉強だけじゃなく面接対策も!

医学部は、ほとんどの大学で二次試験が面接なのですが、そこで役に立ったのが、「表現力開発講座」と「AO・推薦特別指導」です。
「表現力開発講座」では、まず壁に向かって叫び、そのあと人前で発表しました。とても恥ずかしかったのですが、それが自分をさらけ出すきっかけになったのではないかと思います。面接では、自分から積極的に表現しないと教授の印象に残れません。この講座で自分の殻を破れていたからこそ、堂々と答えられたと思います。
「AO指導」では、「自分がなぜ医師を志望しているのか」を引き出してもらい、将来の目的が明確になりました。講師との面接で、「医師は大変な職業だが、本当なりたいの?」「どうしてなりたいの?」など、いろいろな角度から自分の気持ちを確かめられ、気持ちが固まっていった。千葉大学の入試でもなぜ医師になりたいかを聞かれましたが、自分の中でなりたい医師像がつくられていたので、きちんと答えることができたと思います。
勉強面では、「東進講座」が自分のペースで進めることができたのでよかった。たとえば、数学だったら、解に至るまでのいろいろな方向から説明をしてくれるので、どれか一つは自分でも必ず理解できる。とてもわかりやすかったです。

──[モチベーションの〈保ち方〉] 一緒に頑張る仲間がいたから立ち直れた

高3の9月と12月に、気持ちが落ち込んでしまったことがありました。
夏休みは、周りの医学部志望の人も一緒に自習室で勉強していたので、「自分も頑張ろう」と、朝10時から、夜は校舎が閉まるまで毎日通っていました。周りの“ガリガリガリガリ”ってペンを動かす音や、“シャッシャッ”と丸つけしている音がよく聞こえて、「もっと勉強しなきゃ」といういい支えに。でも、夏休みが終わった瞬間に燃え尽きてしまい、自習室に行っても勉強があまり手につきませんでした。そんななか、塾内に貼ってある、「センター試験まで○○日!」の日数がどんどん減っていって、「これはやばいぞ」と。周りの塾生も気合いが入っているのが見てとれて、自分でも意識してモチベーションを上げていきました。
実は、12月に受けた国立大学医学部の推薦がダメだったんです。一週間ぐらい落ち込みましたね。「勉強しなきゃいけない」と感じてはいたけれど、どうしても手につかない。そんなとき、早稲田塾のスタッフや、塾生の仲間たちにすごく励ましてもらいました。「もっと頑張れば絶対いいところにいける!」と言ってもらえて、すごく支えになった。だんだんと、気持ちを上向きにすることができました。

──[将来の〈夢〉]医者になり、抗がん剤の副作用を減らしたい

もともと父が医師だったため、以前から医者になろうと考えてはいました。その気持ちが強くなったのは、父が癌で他界したとき、自分があまり役に立てなかったと感じたから。癌に苦しむ患者さんの役に立ちたいと感じました。
具体的には、抗がん剤の副作用を減らしたいと考えています。癌になったとき、手術が難しいと抗がん剤などを使って治療しますが、その副作用はとても強い。その負担を減らせたらと思います。
これまではただ漠然と「医師になる」と思っていただけでしたが、「AO指導」で講師と対話する中で、ここまで具体的に目標を掘り下げることができたと感じています。

──[後輩への〈メッセージ〉] 基礎を固めていればどんな問題も手が出ないことはない

医学部だからといって、誰も解けないような難問が出るわけではありません。しっかり各科目の基礎を固めておくと役に立ちます。高3の夏休み前には基礎を終えて、夏以降は過去問や問題演習をし、どんどん応用力を身につけてください。基礎を固めていればどんな問題でも手が出ないことはないです。
医者を志すには、何より意志の強さが大切です。人の命を預かる仕事だから、少しのミスも許されないし、曖昧な気持ちではいけない。志を強く持ち、毎日勉強を続けてください。

私の「成城高校自慢」

最近校舎が建て変わりました。中でも、職員室に向かうまでの廊下がガラス張りでとても綺麗で、お気に入りです。

私の「千葉大学 医学部 現役合格アイテム」

友人からの寄せ書き

友人からの寄せ書き

友人や、知人がくれた応援メッセージの紙は、モチベーションアップにつながりました。もちろん、試験会場まで持って行きました。

フォトギャラリー

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4

木村友紀さん
オススメのカリキュラム

想いを表現する力を、様々な側面から鍛える

「表現力開発講座」

→詳細はこちら

木村友紀さん 卒業の新宿校

新宿校

副都心に位置する、医学・看護医療&難関国公立大対策の拠点校。
地下のドリームホールは、早稲田塾唯一。
大学教授、メディカル系先輩との出会いが待つ。海外出身者向け、日本語力強化講座も大人気。

新宿校の詳細を見る

新宿校レポート

夏期特別招待講習