早稲田塾

TOEFL(R)Test充実の対策講座

圧倒的な英語力と日本語力を兼ね備えた人財が指導するのは当たり前。早稲田塾のスタッフ・講師は、適切な進路発見指導と第一志望現役合格へのフルサポートの達人です。
早稲田塾の環境は「第2の家」。ALL ENGLISHの環境に委縮することない、最高の居心地と学習環境を実現。また、TOEFL専用に設計された夢の教室の数々を館内に標準装備!
学ぶ本人に対する適切かつ最先端の情報はもちろんのこと、他予備校のプログラムでは出会えない大学教授からの最先端情報や、保護者への入試情報のサポートなどを、徹底しています。

TOEFL(R)Testは Test of English as a Foreign Language の略。全世界で年間約100万人が受験する国際英語検定試験です。英語を母語としない人の英語能力を 測定するために、アメリカで開発されました。

TOEFL is a registered trademark of Educational Testing Service(ETS).This website is not endorsed or approved by ETS.

【ケタ違いのスケールで開発されるTOEFL(R)Test】

TOEFLRTestを開発するETS(Educational Testing Service)は、教育専門家や言語学者だけでなく、統計、心理、コンピュータサイエンスのエキスパートまでを含めた2,500人以上で構成される世界最大の非営利テスト開発機関。実はTOEIC(R)やSAT(R)もETSによって開発されているテストです。

世界130か国、8,500以上の機関、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドのほぼすべての大学が、入学、奨学金、卒業の基準としてTOEFL(R)Testを採用。世界で通用する英語検定試験は、主にヨーロッパ圏で活用されているIELTSを除いて、TOEFL(R)Testしかありません。まさに自身の英語力を示すグローバルパスポートだからこそ、日本の教育改革のひとつとして、TOEFL(R)Testが導入されるのです。

TOEFL(R)Testには、iBT(Internet-based Testing:インターネットによるオンラインテスト)とPBT(Paper-based Testing:ペーパー版筆記テスト)の2形式があります。

早稲田塾では2013年度よりPBT(ペーパー版筆記テスト)をITPの方式で、全塾生必修のテストとして実施します。
ITP(Institutional Testing Program)は大学などの教育機関で、プレイスメントテスト(※)等として実施される団体受験制度のことです。
※プレイスメントテスト=英語の習熟度をはかるクラス分けテスト

■ 他予備校を圧倒する、充実の対策講座(オンライン含む)

英語特訓道場

「聴く・読む・話す・書く」が80分間に凝縮されたIntegrated Training(総合トレーニング)で、英語力を磨く。それだけでなく、「集中」と「継続」を2本の柱として、限られた時間で最大の成果を出す勉強法の型を身につける。

EAP講座

国際教養大学とのカリキュラム提携により実現した塾・予備校界初のプログラム。EAPはEnglish for Academic Purposesプログラムの略。オールイングリッシュの環境で、海外大学でもアカデミックに通用する英語運用力を鍛える。

TOEFL(R)Test講座

週1回の授業で、TOEFL iBT(Internet-based Testing:インターネットによるオンラインテスト)のテスト形式にあわせ、鍛えた英語力をどのようにアウトプットするかを徹底的にトレーニングする。特に、Integrated Tasksに向けた訓練で話す(スピーキング)・書く力(ライティング)は飛躍的に向上。これまでの受講者は、平均して約30点のスコアアップを実現している。

TOEFL(R)Test対策 SCOREアップトレーナー<オンライン学習システム>

圧倒量のTOEFL形式のリスニング・リーディングテストを使って、オンラインで実戦的な学習を進める、まさにTOEFL対策の決定版。リスニング・リーディングに関して言えば、これだけやっておけば大丈夫。さらに、聴き取った英文をタイプするトレーニングで、英語力を鍛えながら、iBTに必須のタイピングスキルも向上する。他予備校にはない、現在、日本で最高レベルのTOEFLカリキュラム。

写真:島田 敬大

国際教養大学 国際教養学部
(郁文館グローバル高校出身)

島田 敬大

TOEFLはインターネット(オンライン)上で行う国際的な英語能力検定なので、パソコンを使って学習。実際の問題をテキストに、ライティング、リスニング、リーディングの能力を総合的に高めることができて、とても実りがありました。学校でもネイティブの先生に英語の小論文を指導していただいていたのですが、さらに早稲田塾で“英語ならではの特徴やコツ”を教えていただき、相乗効果で英作文力がアップ。

写真:山本 美範

上智大学 外国語学部
(川崎市立橘高校出身)

山本 美範

「TOEFL(R)Test対策 SCOREアップトレーナー」は自宅のPCなどを使ってオンラインで学習ができるシステムで、「○月○日に○時間勉強した」という履歴が残り、テストの点数がグラフになって目に見えるので、毎日勉強するという習慣が自然に身につきました。

写真:小林 莉歩

中央大学 法学部
(埼玉県立和光国際高校出身)

小林 莉歩

「英語特訓道場」では、単語力はもちろん、リスニング力も鍛えられたし、「TOEFL(R)Test対策 SCOREアップトレーナー」をやるにしても何にしても、ベースになりました。あと、他予備校にはないプログラム「EAP講座」が楽しかった。オールイングリッシュのクラスで、講師がずーっと英語で授業をやって、生徒が質問するときも英語じゃないといけない。1か月経ったあたりから、やっとスムーズに理解できるようになりました。

特別招待講習 未来に個性を開花させるためのプログラム