早稲田塾
ワセダネ

池袋校レポート

【池袋校特集⑧】先輩たちのキャンパスライフ~私たちの大学生活を紹介してみた~

  • mixiチェック
公開日:

皆さん、こんにちは!

池袋校担任助手の十和田 菜穂(成蹊大学経済学部経済経営学科2年、山村学園高校卒)です。

 

 

「先輩たちのキャンパスライフ~私の大学生活を紹介してみた~」第8弾の今回は斎藤琢也(明治大学 政治経済学部 経済学科 4年、城北高校卒)さんを紹介します。斎藤さんは一般入試で合格した先輩です!

〇今通っている大学、学部学科を選んだ理由はなんですか?

明治大学政治経済学部経済学科に進学したのは、経済は世界規模で常に動いているもので、その上複雑であり、このまま学ぶ機会が無いと一生経済なんて理解できないと思ったからです。

実際に抽象的な話が多いので、難しい学問だと思います。

 

  

〇斎藤さんの大学について教えてください!

日本国内での知名度はかなり高いです。そのネームバリューに違わず、TOEICの無料受験海外インターンシップ、有名人を招いた講演など様々な課外イベントが開かれます。また就職支援も充実しています。今年はラグビーで準優勝を飾るなどスポーツも盛んな大学です。また、数ある学部の中でも政治経済学部は留学制度が非常に充実しています。私は去年それを利用し、アメリカ合衆国のカリフォルニア大学バークレー校に3カ月ほど留学しました。写真はその時のものです。 

 

〇大学では何を専攻していますか?

 国際金融論のゼミに所属しています。去年の冬に「証券ゼミナール大会」という大会で「資産運用における投資信託」というテーマでグループ論文を作成しました。その中で、海日本の資産運用は海外(米国)と比べて投資をせず、預金に頼りすぎていることがわかりました。そのために、経済活動においてお金の回りが悪いことが危惧されています。この研究を通じて、自分でお金を稼ぐようになったら金融リテラシー(金融に関する知識や情報を正しく理解し、自らが主体的に判断することのできる能力)を身につけ、効率よく自分の資産を管理したいと考えるようになりました。

〇最も印象深い授業はなんですか?

ACEという少人数制のAll Englishの授業です。TOEICで一定点数以上をとれば履修できます。ネイティブの講師が主に担当しており、クラスによって英語読解力強化、英会話練習、TOEIC対策、英語プレゼン練習などがあります。私が印象に残っているのは、『ロミオとジュリエット』を基にしたストーリーを書き、グループ内でビデオを作るというものです!  入学したらぜひACEを履修してみてください。普通の英語の授業よりも間違いなく面白いので。


〇サークルや学外活動ではどんなことに力をいれていますか? 

ここでは留学の話をさせてください。私はご飯の時間には食堂でひたすら外国人の方と話していました。その中でドイツ人、フランス人の留学生と3人でご飯を食べたことがあったのですが、共通言語が英語しかないので「英語を用いた国際交流の真髄」を体験しました。自分が話す。相手の話を聞く。他の二人の会話を第三者として聞く。というコミュニケーションの基本が全て詰まっています。皆さんも留学に行ったら3ヶ国の人で母語を用いない会話をしてみてください。最高の体験ができますよ!

AO・推薦入試とは?

早稲田塾ってどんな塾?

まずはこちらにアクセスしてください!

カテゴリ:
投稿者:
十和田 菜穂
ガイダンス AO・推薦入試対策無料体験 部活生特別招待講習