早稲田塾
ワセダネ

横浜校レポート

メディカル系プレゼンツ☆栄養NAVIシリーズ

  • mixiチェック
公開日:

こんにちは!
早稲田塾横浜校担任助手の木村 日菜子(県立光陵高校卒業、神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科1年)です。

さて、みなさんお待たせしました!
医療メディカル系プレゼンツ、栄養NAVIでございます!

早稲田塾には【現合ユニット】というケアシステムがあります。
私たちは「メディカル系」の中の「栄養系ユニット」の担当です!
横浜校はメディカル系の拠点校でもありますので、ユニットから色々発信しています。

今回のテーマは、2月14日といえば…

そう、バレンタインデーです。バレンタインといえば…チョコレートですね!
現在、コンビニなどでたくさんの種類のチョコレートが販売されていますよね。

早稲田塾のアンディボーイ、いわゆる食事教室でも多くの塾生が口にしているのを見かけます。
よく、『チョコレートは勉強中に食べると良い! 』と言われますが、
それはどういった理由からなのでしょうか?

チョコレートは、その80%以上が糖質と脂質で構成されています。
お菓子の甘さは、ブドウ糖つまりグルコースというとても吸収されやすく、栄養として利用されやすい形の糖質由来です。
そのため、糖分を効率的に消化吸収でき、すぐに脳のエネルギーとなることができるのです!

さらに、老化作用を持つ活性酸素のはたらきを防いでくれるポリフェノールや、体の調子を整えるビタミン・ミネラルも豊富に含んでいます。
つまり、勉強にはもってこいの食べ物なのです!

しかし!先述の通り、糖分や脂質をたくさん含みますので、食べ過ぎには注意をしてください!

私の通う栄養学科では、このような食品の栄養価や、人体への効果について学んでいます。
栄養学に興味がある方は是非、ご質問などお待ちしております!

 

早稲田塾では、春期講習の無料体験の受付もしています!
詳しくは⇒こちら

カテゴリ:
投稿者:
木村 日菜子
ガイダンス AO・推薦入試対策無料体験 部活生特別招待講習