早稲田塾
ワセダネ

横浜校レポート

梅雨に負けるな! タンパク質を摂って、夏の暑さに備えよう!

  • mixiチェック
公開日:

こんにちは!

横浜校担任助手36期の池ヶ谷真穂(横浜緑ヶ丘高校卒、法政大学社会学部4年)です!

 

6月に入り、定期テストの方も多くいらっしゃるのではないのでしょうか?

 

関東でも梅雨入りが発表されましたね。

梅雨の気候は体調を崩しやすいと言われており、主に以下の2点が挙げられます。

 

1. 自律神経の乱れ

 

気温や湿度によって自律神経の乱れが起きます。

主な症状として、「体がだるい」「頭痛」「腹痛」といった症状が現れたり、風邪を引きやすくなります。

 

2.湿気による不調

 

梅雨時は湿度が高くなり、普段よりも体内の水分が出ていきにくくなります。

それが起因して、体がむくみやすくなります。

上記の体調不良を防ぐために、食事面からの予防対策をご紹介します!

 

それは、タンパク質を多めに摂ることです!

 

タンパク質の不足は免疫力の低下にもつながります。

暑さで体力を消耗し内臓も弱りがちなので、消化吸収力に優れたお魚を中心に、タンパク質をしっかりと選ぶようにするとよいでしょう。

 

加えて、野菜や果物などのビタミンを豊富に含む食材を一緒に食べると、さらにバランスが良くなります

 

 

 

しっかり栄養を摂って、夏期講習に備えましょう!

 

頑張れ、早稲田塾生!

カテゴリ:
投稿者:
池ヶ谷 真穂
資料請求 個別相談 一日体験授業