2020年大学入試改革で
入試はどう変わるの?

2020年大学入試改革により、入試は現行の内容から大きく変化します。
改革後は「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」といった学力の3要素が、一般入試(一般選抜)、AO入試(総合型選抜)、推薦入試(学校推薦型選抜)といった全ての入試方式で偏りなく、多面的・総合的に評価されます。加えて、英語は4技能(読む・聞く・話す・書く)を測る語学資格が、入試に本格導入。幅広い力を身につけるため、今から対策をスタートする必要があります。

新入試の3つのポイント

  • 大学入学共通テストの実施

    リスニングの配点が増加
    記述・論述問題が出題

  • 英語4技能化

    英語外部資格の活用がより加速
    共通テストではリスニングの
    重要度が上昇

  • 主体性を見る入試の拡大

    ポートフォリオの活用
    AO・推薦入試が推進される!

1大学入学共通テストの実施

①英語はリスニングの比重が上昇! 重視されるのは「使える英語力」

新入試で特に大きく変わるのは英語の試験です。「大学入学共通テスト」では、リスニング問題の配点が高くなり、筆記試験との配点比が1:4から1:1になります。英語で高得点を獲得するには、リスニングの攻略が必須です。また、これまで2回だった読み上げが1回になるなど、問題自体の難度が上昇するため、受験生には、よりレベルの高いリスニング力が求められます。

②「思考力・判断力・表現力」が問われる、国語・数学の記述問題

改革後の新入試には、まず国語(現代文)・数学で記述式問題が導入されます。必要なのは、「複数の情報を分析して考えをまとめる思考力・判断力」。そしてもちろん、自分の考えを明確にし、採点者に正確に伝わるように解答する文章力や表現力も欠かせません。

2英語4技能化

新入試では、「聴く」「読む」「話す」「書く」の英語4技能が、英検・TEAP・TOEFL Test・IELTSなどの外部英語試験のスコアを用いて評価されます。国公立・私立を問わず多数の大学で、出願要件や加点対象など様々な形で活用されるため、早期から英語4技能をバランスよく学習し、外部英語試験対策を進めておくことが重要です。

3主体性を見る入試の拡大

①一般入試(一般選抜)でもポートフォリオが重要に

大学入試改革が目指すのは、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」といった学力の3要素を、全ての入試方式で偏りなく、多面的・総合的に評価すること。例えば早慶上智では、一般入試でも主体性等に関する書類(ポートフォリオ)の提出が出願条件になります。国公立大でもポートフォリオ導入の検討が進み、筑波大学は具体的な配点を公表。ポートフォリオには、受験生の学びの履歴と将来像を記載するため、作成にあたっては、どのような高校生活を過ごすのかが重要です。

②AO・推薦入試(総合選抜・学校推薦)が増加中!

人物を多面的に評価し、大学が求める人物像(アドミッション・ポリシー)に合う学生を採るAO入試・推薦入試は、さらなる合格枠拡大が予想されます。全ての国立大学が加盟する国立大学協会は、AO入試・推薦入試における入学者の割合を2021年度までに30%に拡大する目標を立案しており、実施学部数、募集人員とも年々増加を続けています。

2生は、何をするべきか

高2生はすでに受験生!
高3に向けて基礎を作ろう

高2生は、すでに受験生。高3生の夏にはAO入試・推薦入試の出願が始まるため、将来やりたいことや志望大学は高2生のうちに決定し、具体的な対策を進めなくてはなりません。受験で使う科目の履修を終わらせ、3年生では演習に集中するのが受験の鉄則。特に英語に関しては早期学習が必須です。英検やTEAP、TOEFLなどの英語外部資格を取得しておけば、AO入試・推薦入試の出願要件として活用できる他、一般入試において加点対象になる場合もあります。また、志望理由書の作成や大学入学共通テスト、一般入試の記述問題などで必要となる論文力・表現力を鍛えるには訓練が必要です。高2生のうちに対策をスタートして、時間をかけてトレーニングし、確実に実力をつけましょう。

check1

やりたいことや将来の夢を明確にし、
第一志望を決定する

これで対策!

未来発見プログラム

AO・推薦入試特別指導

未来発見プログラム

将来の日本を牽引するリーダーを育成する、早稲田塾オリジナルのプログラム。各分野の第一線で活躍する大学教授や有識者の方をお招きし、テーマを多面的に深め、フィールドワークにより、自分の目と耳、頭と足で、その現場を体験します。取り組むのは、国際開発援助、環境問題、貧困、福祉、経済学などグローバルな課題。知識やプレゼンテーションの習得はもちろん、真の経路発見にもつながる。他に類の見ないカリキュラムです。

AO・推薦入試特別指導

AO・推薦入試では、各大学が「求める学生像(アドミッションポリシー)」を掲げ、それに一致する学生を集めるため、面接・小論文などさまざまな方法で選抜を行います。ここで必要になるのは、付け焼刃の対策ではなく、大学が「出会いたい人」そのものになること。早稲田塾では、スタッフや講師陣、受講生同士のディスカッションを通して、将来のビジョン(社会で何を実現したいか)を明確にし、面接や志望理由書などで必要となる表現力を、多彩なプログラムで育てます。

check2

受験で使う科目を
全て履修し切る

これで対策!

東進講座

東進講座

時間がない現役生のための学習トレーニングシステム

短期間での集中講座と1.5倍速受講で、1年かかる授業が、最短で2週間から1ヶ月程度で集中受講・修了できます。部活や学校行事に時間がない現役生のための、強力学習トレーニングシステムです。

check3

英語4技能を鍛え、
英語資格を取得する

これで対策!

英語特訓道場

東進講座

英語4技能資格試験系講座

英語特訓道場

「聴く・読む・書く・話す」の4技能を統合するTOEFL®TEST対策の決定版
真の国際人となるための素地を磨く「英語特訓道場」

専門トレーナーである"道場主"の指導のもと、年間で約2000語、高校修了時には最大約8000語の習得を目指します。

「聴く・読む・書く・話す」の4技能を統合し、鍛える「英語特訓道場」のトレーニングメソッドは、TOEFL®TEST対策に最適。グローバル社会で活躍するために必要な「使える英語力」を養います。

東進講座

時間がない現役生のための学習トレーニングシステム

短期間での集中講座と1.5倍速受講で、1年かかる授業が、最短で2週間から1ヶ月程度で集中受講・修了できます。部活や学校行事に時間がない現役生のための、強力学習トレーニングシステムです。

英語4技能資格試験系講座

センター試験に代わる新テスト「大学入学共通テスト」が2020年度から実施されるにあたり、英語においては「読む」「聞く」に加えて「書く」「話す」を含めた4技能を総合的に評価するための各種民間試験の導入が決定されました。実用技能英語検定(英検)、TEAP、TOEFL、IELTSなどの活用が予定されており、すでに、早稲田大学、上智大学、立教大学、明治大学、筑波大学、国際教養大学、九州大学をはじめとする多くの大学が民間試験を利用した入試を行っています。これらの試験を出願資格としたり、試験のスコアを加点方式で評価したりする方法は、今後ますます増えていきます。早稲田塾では、各種英語試験の出題傾向と対策に精通した英語講師による指導と、インプットとアウトプットの両面に特化した授業を通して、英語4技能を伸ばしていきます。

check4

志望理由書や記述問題に対応できる
文章力を鍛える

これで対策!

論文系講座

論文系講座

「書く」ことは「考える」こと。
文章力を磨き、論理的な思考を養う

「文章力」は、すべての学力の基礎となる重要な力。志望理由書や小論文が重要になるAO・推薦入試はもちろん、論理的思考力が問われる一般入試においても欠かせない力です。論文系の授業では日本語の「聞く・読む・話す・書く力」を総合的に鍛えることで、大学が求めている「学びの基本」を身につけます。

AO・推薦入試No.1※1の早稲田塾だから
大学入試改革もおまかせ

早稲田塾は、2020年大学入試改革への対応において、No.1を自負しています。
その根拠は、新入試と同様に人物重視・多面評価の入試であるAO・推薦入試における圧倒的な合格実績。 これまでに15,000人以上のAO・推薦入試合格者を輩出した強さの秘訣は、塾生一人ひとりに「大学で何を学ぶのか」「将来何を成し遂げたいのか」「そのために今何をすべきか」を明確にさせる進路発見指導にあります。また、表現力や主体性、協働性など、個人では伸ばす事の難しい能力も、塾生同士の学び合いを通して養成。他にも、現役東大合格者数No.1※2を誇る「東進講座」、プロの同時通訳者養成法のノウハウを活用した英語4技能トレーニング「英語特訓道場」など、学力の3要素を養成するための多彩なカリキュラムが揃っているため、大学入試改革後の新入試に向けて、万全の準備をすることが可能です。

※1 公式WEBサイトを主として、2019年度のAO・推薦入試現役合格実績が公表されている塾・予備校の中で最大。(株式会社ジェイディーネット調べ)

※2 2018年度の東大現役合格実績をホームページ・パンフレット・チラシ等で公表している予備校の中で最大。東進調べ(東進ネットワーク合同実績)

早稲田塾が新入試に強い4つの理由

1

ポートフォリオを
濃密にする環境がある!

早稲田塾では、新入試で重要さを増す「ポートフォリオ」の作成に関する指導を、塾生全員が受けられます。まず、幼少期の経験や印象的な出来事を生徒との対話で引き出し、個性や強みを明確化。それを基盤に、本当にやりたいことや行きたい大学を決定する「進路発見指導」を行います。また、大学教授の講義やフィールドワークを通して、通常では体験できないような実践的な学習ができる「未来発見プログラム」も、年間30種類以上実施しています。

2

充実の英語リスニング、
資格試験対策がある!

早稲田塾の「英語特訓道場」では、同時通訳者養成にも活用されている本質的な英語修得法を採用し、新入試で重要となるリスニングをはじめとした英語4技能を徹底トレーニング。また、TOEFL対策や英検対策、SAT対策など、資格対策のラインナップも充実。全塾生が英検準1級以上を取得できるレベルの英語力を身につけられるよう、指導を行っています。

3

一生モノの文章力が
身につく!

早稲田塾では、マスコミ人養成の手法から生まれた論文力開発養成カリキュラムや、大学・学系別の論文指導を、高2・1生から受講可能。課題文・資料を的確に読解し、要点をまとめて表現する練習を繰り返すことで、「思考力・判断力・表現力」を養成できます。対策を始めるなら、早いスタートが肝心。早稲田塾では高1生の69.3%が論文系講座を受講しています。早期から論文に向き合う習慣をつけることで、自分自身の考えを明確にし、言葉にする力を養成します。

4

共通テスト対策の
カリキュラムが充実!

早稲田塾では、共通テスト対策が万全。「全国統一高校生テスト」などの共通テストに対応した模試や、東進講座「Listening&Reading講座」「大学入学共通テスト対応 思考力・判断力・表現力養成講座」など、共通テストのプレテストを分析して生み出された、最新の対策カリキュラムを随時更新しています。

格者の声

高2生から早稲田塾に入学した先輩をご紹介

ARUHA YAMAGUCHI

東北大学

山口有覇

具体的な目標にむかって一直線
前向きに勉強して、東北大現役合格

高2の時、設計という仕事に興味を持ってから、勉強に対して俄然、やる気モードになった。「AO・推薦入試特別指導」で講師と話をしていく中で具体的な将来の目標が見えてきて、志望校は東北大に決定。その後、講師の勧めで参加した未来発見プログラムのフィールドワークは、環境問題をより具体的に捉えるきっかけになりました。また、英語は「英語特訓道場」「TOEFL講座」で「聴く・読む・話す・書く」の4技能をまんべんなく強化。数学と化学は自習室にこもり、学校の勉強と並行しながら東進講座をずっと受講していました。

SARA KURODA

慶應義塾大学

黒田采良さん

文章力を向上させ、経験も積めた
早稲田塾は「第二のホーム」

早稲田塾に入ったばかりの頃、新聞の社説を読むように言われたのですが、講師の言っていることも理解できず…。でも、社説を書き写す訓練を続けた結果、知識も身について、文章を書くスピードも速くなりました。また、高2の時には未来発見プログラムの海外フィールドワークに参加。ここで出会った友達がすごく頑張っていて、自分も勉強しなきゃいけないと思いました。この時、勉強する本当の意味を理解することができた気がします。受験期は、同じ大学を目指している塾の友達は家族のような存在で、早稲田塾は、第二のホームという感じでした。

校舎一覧

最高の学習環境を君に。