ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

藤沢校レポート

藤沢校 新人担任助手紹介【比企野 杏】


こんにちは!今年度より藤沢校担任助手になりました、慶應義塾大学総合政策学部1年の比企野 杏(ひきの あん)です!(神奈川県立平塚江南高校卒)

私は高3で早稲田塾に入り、第一志望である慶應SFCに一般入試で合格しました。

そんな私が、早稲田塾や受験を通して学んだことは「諦めないこと」です。シンプルでありきたりかもしれません。しかし、SFCのAO入試で不合格になったとき、模試で失敗したとき、過去問が解けなかったとき、そのとき諦めなかったからこそ私はSFCに入学でき、楽しい日々を過ごしています。自分の可能性は自分が1番信じる!という心を持ち続けてください。

私の研究テーマは、「企業が行う工場見学における教育的価値と経営的価値の向上」です。もともと、私の武器は子どもの頃から60件以上訪れてきた工場見学への愛と知識だ!と感じていました。ただ、「工場見学」をどのように研究テーマに昇華するのか、大学の環境を活用してどのように学んでいくのかが全く掴めていませんでした。そこで、早稲田塾の講座を通して「工場見学を“企業のキャリア教育の場”ではなく“子どもたちが社会との繋がりを感じる場”としたら面白いのでは」と、現在のカタチと私が創りたいカタチの違いを発見しました。工場見学を活用した教育モデルで、子どもたちと社会が関わり合う世界をつくれたらワクワクしませんか?

オンラインでのAO・推薦入試特別指導では、校舎が違う塾生とメンタリングをし合い、沢山の面白い疑問や鋭い指摘、思いがけない考え方に出会いました。そこから刺激を受け、私は実際に企業の工場見学担当者や小学校の先生にインタビューを行ったことで研究が深まりました。

これから、分からないこと、心配なことが沢山あると思います。不安になって当たり前です。そこで私たちに遠慮せず相談してください!塾生とともに成長していける存在になれるよう、責任をもち全力でサポートします!よろしくお願いします!

投稿者:比企野 杏

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php