ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

自由が丘校レポート

4/24(金)まで提出の模擬出願・進路発見オーディションが校舎に届きました!


自由が丘校担任助手の流矢旺快です。

昨日、4/24(金)までが高3・2生の模擬出願高1生進路発見オーディションの提出日でした。郵送でもたくさんの書類が、そして、直接提出しにきてくれた人もいますね!

郵送したあと・提出したあとどう過ごしていますか?

こういうのは終わった後が大切です。やってみて感じたことはなんですか?それぞれ書き出しておきましょう。

私たちはこれからよく読ませてもらって、塾生の皆さんにいろいろお伝えできればと思っていますが、すぐ見て思ったことだけ少しここにあげておきますね!

まず封筒の書き方。これはよくかけている人が多かっただけに不備がある人はかなり目立ちました。大学にもこういう風に届くんだと思った時に、これだけで差がつくなと感じました。

「御中」になっていない、とか封筒が閉まっていないとか、住所が違うとか、中に入っている書類がおられているとかいないとか、こだわりや熱意はこういうところでも感じると思いました。

あとは、文章を読んでいて思うのはやはり「題意に答えていない」ということ。

これはやはりすごく難しいことですよね。改めて学力の大切さを感じました。SDGs探究学習プログラムや小論文の授業でも鍛えている力です。本当に意識して取り組んでください。日常これだけ題意をとらえる練習をできるのは大きいです。意味を持って授業に臨んでください。

というような感じで、それぞれ、自分の出した書類を分析することができると思います。出して終わりにしないでしっかりやりきりましょう。






投稿者:流矢旺快

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

資料請求 個別相談 一日体験授業
現在使用しているテンプレートファイル:single.php