ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

自由が丘校レポート

自由が丘校 担任助手紹介 #中西莉奈


こんにちは!自由が丘校担任助手の中西莉奈(香蘭女学校卒・中央大学人文社会学科学びのパスポートプログラム1年)です。

大学では「歴史や国際関係、このコロナ禍における世界の変化の中でダンスをはじめとした芸術がどのように変化し新たな文化を生み出せるのか」を研究しています。

中高6年間はバスケットボール部に所属していると同時に、ダンス団体で4年間ステージに立っていました。皆さんの中でも部活などと勉強を両立させることに不安な方も多いのではないでしょうか。そんな皆さんに、私が早稲田塾に通った1年間をどのように過ごしたか、参考程度にお伝えします!

1点目は「自分を追い込める状況に身を置くこと」です。

私は放課後や夏休みなど、部活がないときは常に塾の自習室にいました。自分の性格上、家に帰るとダラダラしてしまったり、家でのオンライン授業はどこか他人事に感じてしまう部分があったからです。塾では高みを目指す仲間が常にいて、気にかけてくださるスタッフ、担任助手の方々がいます。特に私の場合、夜眠い時に電話で起こしてくれたり、書類に鋭い指摘をしてくれる友達の存在がとても大きかったです!自分を追い込み、高められる場所に自ら踏み込むのも一つの方法です!

2点目は「タイムマネジメントをしっかり行い、すべてに取り組むこと」です。

緊急事態宣言によって高校が休校になったり、部活がなくなったりと今までのルーティンが取り戻せない中、私が常に意識していたのはタイムマネジメントです。毎週日曜日の夜1時間を使って、次の1週間の予定を必ずリストにしていました。受験1つとっても、教科ごとの配分時間はとても大切になってきます。定期テストまで、受験までの時間を逆算して、計画的に進めていきましょう!

このような早稲田塾での1年間を経て、現在も大学生としてたくさんのことに挑戦しています。担任助手をはじめ、部活動、大学の授業、教職等自分でも両立していることが信じられないぐらいです。しかし、今これでも全てに全力で取り組めているのは、上記であげた2点を受験勉強を経て、培うことができたからです!だから皆さんも、今頑張っていること、やりたいと思っていることに全力でアタックしてみてください!中高時代の頑張りは、大学生活を豊かにすることを実感しました。

私も全力で頑張りますので、皆さん一緒に頑張りましょう!

早稲田塾では最新の大学入試情報や塾のカリキュラムをお伝えする説明会を実施中です!お申し込みはコチラから。

また、早稲田塾のYouTubeでは現役合格の秘訣を発信中です!動画の閲覧はコチラから。

投稿者:中西莉奈

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php