ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

町田校レポート

担任助手による新書紹介⑤


こんにちは!担任助手の岡遼太郎(上智大学文学部史学科1年生)です。今回ご紹介する新書は、現代にも通ずる戦国武将の「リーダーシップ」や「考え方」に関する本です。

小和田哲夫著『戦国武将の叡智ー人事・教養・リーダーシップ』(中公新書、2020年)

 「七分勝ち」、「勝って兜の緒を締めよ」などのことわざは聞いたことはありますか?
「七分勝ち」は、完勝してしまうと慢心してしまい、次に戦うときには大敗するという武田信玄の教えです。例えば、何かスポーツの大会で大勝した次の相手に負けてしまったことってかなりありますよね。なにも反省する材料がなく成長しないという戦国時代の教えです。

「勝って兜の緒を締めよ」、これは北条氏綱が遺言書に遺した言葉と伝えられています。意味は上記の七分勝ちとほぼ同じですね。勝っても気を緩めるな、という意味です。

このような現代でも活きる教訓は、乱世を戦った武将だからこそ自分に言い聞かせて生きていたのかもしれないですね。

他にはどのように家臣をまとめ、褒美を与えていたのか、強い大名ほど人心掌握力が秀でていた秘密が明らかにされています。集団の上に立つ人はぜひ戦国武将の教訓にも目を向けてみて、日常生活に活かしてみてはいかがでしょうか。そして、自分自身のこれからの過ごし方にも良い影響を与えることもできるでしょう。

たくさん語ってしまうと文章が長くなってしまうので、今回はここで終わりにしたいと思います。次回もお楽しみに!

早稲田塾では、AO推薦入試対策の一日体験を受けることができます。気になる方はコチラ

また、AO推薦入試のことについて詳しく知れるオンライン説明会も開催しています。気になる方はコチラ

投稿者:岡遼太郎

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php