ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

大崎品川校レポート

担任助手秋山、早稲田塾を卒業します!


みなさんこんにちは。早稲田塾大崎品川校担任助手の秋山栞(早稲田塾第38期生、東京女学館高校卒、東京女子大学現代教養学部4年)です。

本日、7年間過ごした早稲田塾を卒業します。
私と早稲田塾の出会いは、高校一年の夏に学校の定期テストでひどい成績をとったことでした。高校二年の夏には、未来発見プログラムの竹中平蔵世界塾香港研修に参加し、英語漬けの5日間を過ごしたことによって自分自身の意識が変化しました。帰国後は、TIMECUPに校舎代表として出場し、英語に対する意識が苦手から少しは好きに変わりました。

高校一年ゴールデンウィーク 勉強会での一枚
高校二年夏 竹中平蔵世界塾香港研修での一枚
TIME CUP本番
英語特訓道場も頑張りました


大学受験に対しては、AO入試そして一般入試の両方を経験しました。早稲田塾での学びは、誰かが正解をもっているのではなく対話の中で自分の中の最適解を導き出します。高校生時代のわたしは未熟で、その「正解」を追い求めすぎ、失敗したことも多くありました。AO推薦入試に臨むにあたって、リサーチやインタビュー、本や論文を読むことを求められます。好きなことはところんやる、でも苦手なことはやりたくない、という高校生だった私はすごく未熟だったし、今思えばもったいないことをしていたなと振り返ると思います。

一般入試に向けて気持ちを切替え、センター試験でいまの大学に縁があり合格することができました。いま思うと、やらない理由を探すよりもやる理由を探すべきだったなと思います。

高校三年 勉強の合間に
本番直前、大崎品川校にて
早稲田塾第38期生 出陣式

そんな私が担任助手になった理由は、今度は自分が後輩たちを現役合格に導きたいと思ったからでした。これまでお世話になった担任助手やスタッフへの恩返し、そして一人でも多くの後輩たちに大学受験を諦めて欲しくないと思ったからでした。

担任助手として四年間働いてきて、大崎品川の塾生たち、そして未来発見で出会った全校の塾生たちと出会いました。その中で第一志望の合格を掴めた子、掴めなかった子、様々な塾生に出会いましたが、一人一人と話したことや喜怒哀楽をともにしたことが私の良い思い出になっています。

担任助手デビューの日
第42期生の出陣式(夏)

そして、全校にいる担任助手の先輩たち、後輩たち、同期と出会えたこと仲間になれたことが私のターニングポイントでした。大学生活との両立、就職活動、様々悩んだこともありました。四年間担任助手リーダーとして、最前線で働いてきたことへの責任を強く感じたこともありました。それでも、自分を支えてくれたのは担任助手の仲間と、塾生のみなさんのエネルギーでした。

現在担任助手をしている大畠くんとの一枚
先日の担任助手卒業式にて 素敵な仲間たちに恵まれました


大学三年生になり、就職活動をする上でも早稲田塾で学んだことを面接でお話ししました。塾生の皆さんのいちばんの味方で在ったこと、そして進路発見というみなさんの課題を解決してきたことを糧とし、4月からはコンサルティング会社で社会を動かす一員となります。

4年間担任助手を続けてきて、計7年間早稲田塾で過ごしてきて、自分がワクワクする瞬間、やっていて楽しいと思えること、幸せだと感じることを追求できた7年でした。やり方より在り方、そしてどんな仕事をするかよりも誰と仕事をするか、私が早稲田塾での担任助手生活で学べたことでした。

4月1日から、社会人としてまた0からのスタートを切ります。これまで早稲田塾で学んできたことを活かしてわたしらしいポートフォリオの続きを紡ごうと思っています。

これまで早稲田塾には本当にお世話になりました。一人一人との出会いが、私を成長させてくれました。本当にありがとうございました。

高校生の皆さん、みなさんがここまで頑張っていることは決して無駄にはなりません。大学受験をゴールにせず、自分が何をしたいか、どんな人生を送りたいか、ぜひワクワクしながら学び続けてくださいね。

投稿者:秋山栞

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php