ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

四谷校レポート

新人担任助手紹介リレー~樋口りさ編~


こんにちは!

早稲田塾四谷校新人担任助手の樋口りさです。(帝京大学医学部医学科、吉祥女子出身)

今日は私の自己紹介をします。

現在医学部に通っている私ですが、入塾した当初は文系で国際系学部を志望していました。

中学生ごろから漠然と国際協力に携わるような仕事をしたいと思っていましたが、国際協力と言っても経済や教育、環境や医療など分野は様々あります。私はそんなことも知らずにただ国際協力に関わりたいと思っているだけでした。

そんな中、高校2年生の夏に早稲田塾の未来発見プログラムのひとつであるFASID国際開発プログラムに参加しました。周りには具体的な目標が決まっている人ばかりでとても焦りながら参加した記憶があります。

このプログラムでは最終日に各自プレゼンテーションを行うのですが、私はそこで少し興味を持っていた医療分野に関する発表を行いました。発表に向けていろいろと調べていく中で、やっぱり医療分野に進みたいという気持ちが強くなり、最終的に医学部を目指すことにしました。

早稲田塾に入っていなかったら私は医学部に行っていなかったと思います。


私が医学部受験を進めていく中で最も活用した早稲田塾の授業はメディカル小論文です。メディカル小論文では毎週異なるテーマを勉強します。
例えば救急医療がテーマだったら、救急医療について講師の先生から学んだ後にそのテーマの小論文過去問を解きます。

1人ひとり添削とフィードバックをしてもらえるので毎回とても有意義な時間となります。

医学部の受験では医療に関する知識を問われることもあるため、メディカル系小論文の授業は一般受験の小論文の試験や面接の対策にもなりました。



私が受験生の時には、早稲田塾のスタッフや担任助手、講師の方々にたくさん支えてもらい応援してもらいました。私も担任助手として塾生のみなさんを全力でサポートして、一緒に夢を叶えていきたいと思っています!

よろしくお願いします!

カテゴリ:

    投稿者:樋口りさ

    校舎一覧

    最高の学習環境を君に。

    校舎一覧

    夏期特別招待講習
    現在使用しているテンプレートファイル:single.php