合格実績No.1 の早稲田塾講師がお届けする総合型・学校推薦型選抜(AO・推薦入試)情報

東北大学
法学部

東北大学 法学部

Give yourself the best chance to get into your dream college.

AOⅡ期では大学共通テストを課さないが、学習成績概評がA段階である必要があり、提出書類、筆記試験、面接試験を行い合格者を決定する。AOⅢ期では大学共通テストを課し、指定する教科・科目を受験した者であればだれでも受験できる。出願書類の内容,大学入学共通テストの成績及び面接試験の結果を総合して選考を行う。

 

※掲載内容は変更されている場合があります。必ず大学のホームページ、入試案内冊子などをご確認ください。

2022年7月25日更新

法学部 AO入試Ⅱ期

【限定開催】
東北・一橋・京都大学文系の現役合格を狙うなら!

アイディア 合格のツボ

配点からして、筆記試験が合否を左右するといっても過言ではない。この入試は第1次選考の筆記試験、書類審査の点数が、第2次選考の判定にも用いられる点に留意したい。配点は第1次選考が書類審査100点、筆記試験900点の計1000点満点。そして第2次選考が「第1次選考で実施した筆記試験の成績及び出願書類の内容の審査」に加えて面接試験300点の計1300点満点で判定される。筆記試験のウェイトが特に高い点が特徴であり、日頃から英語学習に取り組み、論理的に思考する訓練をしておく必要があるだろう。

ただし、筆記試験対策ばかりをしていても合格を手にすることは難しい。提出書類のうち志願理由書や活動報告書は面接試験の質問材料になり得る。志願理由書は「志願学部を志願する理由について,勉学したい学問分野,希望する進路,これまで熱中したことなどと関連させて記述」するA4の用紙1枚である。「法的・政治的諸問題への関心」の高さを訴えるとともに、大学での学びや将来像を具体的に記述できるかが鍵となろう。そして活動報告書は「現在までにあなたが達成した主な活動実績を最⼤ 3 件まで選択し,あなたにとって重要度の高いものから順に記載」する文字通りの「報告書」だが、資料の添付ができる以上、客観的な資料と共に自身が「人物的に優れている」と証明する内容であることが望まれる。

さらに面接試験でも一部英語での質疑応答が想定される。自らの意見を論理的に伝える力を、英語でも鍛えておくと良いだろう。

 

合格戦略をご提案!個別相談はこちら

入試の特徴と出願資格


architect-workplace

大学入学共通テストを課さない。ただし、合格した場合は入学を確約できることと、調査書の学習成績概評がA段階(評定平均4.3以上)に属する者という条件がある。

全ての志願者を対象に出願書類と筆記試験による第1次選考を行い、第1次選考合格者を対象に面接試験による第2次選考を行う。第2次選考の結果は、第1次選考の筆記試験及び出願書類の成績と合計され、評価に使われる。

入試概要


blank-laptop-screen-woman-work-at-home-office

出願期間

10月中旬

1次選考内容

書類審査・筆記試験

1次選考時期

11月上旬

提出書類

入学志願書、志願理由書、活動報告書、英語の資格・検定試験の成績証明書等、調査書、志願者評価書等

1次選考合格発表

11月中旬

2次選考時期

11月下旬

2次選考内容

面接試験

2次選考合格発表

11月下旬

入試の特色


library-with-books-on-shelf-and-empty

【アドミッションポリシー】

東北大学法学部AO入試(総合型選抜)Ⅱ期は、いわゆる「大学入学共通テスト」を課さないAO入試(総合型選抜)である。法学部のアドミッションポリシーによれば、「国内の地域社会からグローバル社会にわたる法的・政治的諸問題への関心を強く持ち,論理的思考能力と英語能力を有する人」を選抜する入試である。選考は第1次と第2次の2段階に分けられており、第1次選抜は書類審査と筆記試験の合計から判定される。「法的・政治的諸問題への関心」等を評価するための志願理由書に加え、「本学の教育目標を高い水準で達成できる十分な学力を有し」、「本学の教育理念に照らし,人物的に優れている」といった出願資格の確認のために、学校が発行する調査書や活動報告書も審査対象となる。そして英語の試験問題と日本語小論文が組み合わされた筆記試験によって「論理的思考力と英語読解力」が判定される。そして第2次選考では面接試験が課せられ、「法的・政治的諸問題についての関心の程度,国内外の法律・行政・政治に関する実務や研究に将来携わろうとする意志の強さ,英語で話す基礎的な能力,論理的思考力等」が評価される。

筆記試験の配点の高さやその問題の特徴からして、この入試は「十分な学力」を求めていると言えよう。単に知識の豊富さを問うのではなく、資料を読解して「論理的思考力」が備わっているかどうか、重視していると言えよう。また、面接で現在関心を持っている事柄や現代の法制度についての意見が求められたケースもあり、「法的・政治的諸問題」への広い関心、さらにそれに取り組みたいという意欲も大切である。

【難易度】

出願要件は「調査書の学習成績概評がA段階に属するもの」とあり、評定平均は4.3以上で出願できる。これは「本学の教育目標を高い水準で達成できる十分な学力を有する」という出願基準と一致する。出願要件や出願基準に一定水準以上の語学資格が定められていないのは意外だが、書類審査で「資格等(英語の資格・検定試験など)を評価」すると明記されているため、提出できる語学資格やスコアは当然提出すべきである。

早稲田塾で東北大学の入試を対策しよう!

総合型・学校推薦型選抜(AO・推薦入試)対策
1日無料体験お申込受付中です!

法学部 AO入試Ⅲ期

最新入試情報から合格のポイントまで
総合型・学校推薦型選抜の全てがわかる!

アイディア 合格のツボ

出願は大学入学共通テスト後となる。焦らないように提出書類等の準備を早目に行っておくのが合格を引き寄せる鍵となるだろう。配点は大学入学共通テストの指定科目の合計が900点、提出書類が100点、面接試験が300点の計1300点満点で判定される。この配点を見ても分かる通り、学力が合否を分けると言っても過言ではない。

ただし、提出書類や面接試験をおろそかにしてはならない。提出書類と面接試験の合計で400点という、大学入学共通テストのどの科目よりも高い点が割り振られているため、苦手科目を挽回できる可能性があると考えるべきである。だからこそ、早期の準備が鍵を握る。大学入学共通テストの結果を踏まえて出願するか考える人もいるだろうが、そこから準備を始めるのでは手遅れになる。法律や政治に関する口頭試問や興味関心の高さを確認する質問が面接で問われている。早期から大学での学びを意識し、提出書類の準備、そして法学・政治学についての理解を深めておくと、合格が近づいてくるだろう。

受験生が用意する主な提出書類は志願理由書のみ。志願理由書はA4の所定用紙1枚に「志願学部を志願する理由について,勉学したい学問分野,希望する進路,これまで熱中したことなどと関連させて記述」する。また、英語の資格・検定試験の成績証明書等も提出できる。提出書類が点数化され、さらに面接の材料にもなるため、抜かりなく準備を進めておきたい。

 

合格戦略をご提案!個別相談はこちら

入試の特徴と出願資格


inscription-exam-keyboard-and-stationary-on-blue

大学入学共通テストを課す。合格した場合は入学を確約できることと、大学入学共通テストにおいて、指定する教科・科目を受験した者であればだれでも受験できる。

出願書類の内容,大学入学共通テストの成績及び面接試験の結果を総合して選考を行う。

入試概要


university2

出願期間

1月中旬

1次選考内容

志願者数が募集人員を大幅に上回る場合にのみ、出願書類及び共通テストの成績により
第1次選考を行う

提出書類

入学志願書、志願理由書、活動報告書、英語の資格・検定試験の成績証明書等、調査書、志願者評価書

1次選考合格発表

2月上旬

2次選考時期

2月上旬

2次選考内容

面接試験

2次選考合格発表

2月上旬

入試の特色


school-desk-with-books-and-stationary

【アドミッションポリシー】

東北大学法学部AO入試(総合型選抜)Ⅲ期は、いわゆる「大学入学共通テスト」を課すAO入試(総合型選抜)である。法学部のアドミッションポリシーによれば、「現代社会に生じる法的・政治的諸問題についての幅広い関心と,法律・行政に関する実務や研究に将来携わろうとする強い意欲を持つ人」を選抜する入試である。「大学入学共通テストにおいて,指定する教科・科目を受験」した者であればだれでも受験できる。高等学校などの成績を必要としないため、誰にでも合格のチャンスがある入試である。

まず「基礎学力」が大学入学共通テストによって確認され、「本学の教育目標を高い水準で達成できる十分な学力」を有するか、判定される。そして「現代社会に生じる法的・政治的諸問題についての関心の程度,法律・行政に関する実務や研究に将来携わろうとする意志の強さ等」が提出書類と面接試験で判定される。「志願者数が募集人員を大幅に上回る場合には,大学入学共通テストの成績により第1次選考を行う」と要項に明記されており、学力が重視されているのは言うまでもない。そして面接では現在関心を持っている事柄や現代の法制度についての意見が求められたケースもあり、「法的・政治的諸問題」への広い関心、さらにそれに取り組みたいという意欲も大切である。学力を有したうえで、広く社会の動きについて興味関心を持っている人を求めている入試であると言えよう。

早稲田塾で東北大学の入試を対策しよう!

総合型・学校推薦型選抜(AO・推薦入試)対策
1日無料体験お申込受付中です!

CHECK! 総合型・学校推薦型選抜
(AO・推薦入試)について
基礎から知りたい方はこちら

AO・推薦入試