ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

池袋校レポート

早稲田塾に出会えてよかった!と思う瞬間②~井上友希編~


皆さん、こんにちは。池袋校担任助手の井上友希(立教大学経済学部経済政策学科4年、共立女子高校卒)です。本日は山崎さんに続き、高校生のとき早稲田塾に出会えてよかった!と思う瞬間をご紹介します。

①論文力は大学生になってからも役立つ力

私は早稲田塾で、特に論文系の授業に力を入れていました。論文力をが伸びると、現代文や論理的な思考力も鍛えられます。論文力はAO入試の提出書類を完成させる上で、根本となる重要な力ですが、大学入学後も大いに役に立っています。

②大学で学びたいことを、高校生のうちにしっかりと検討できたこと

大学に入るための勉強はもちろん大学に入学後何をしたいのか考え、高校生のうちから行動を重ねた結果、大学に入ってから学ぶ内容が自分のやりたいことに繋がっています。具体的には、未来発見プログラムに参加して知識を深めたり行動するなかで、自分の学びたい分野は本当に経済学なのか、経済学部で何を研究したいのかを決めることができました。

皆さんも受験勉強はもちろん、大学での学びを充実させる為に高校生のうちから行動してみましょう!

特に、忙しい方は早い段階からAO・推薦入試の対策を始めることが現役合格のカギとなります。

ここから、早稲田塾に合流したいという方は、まずは説明会にご参加ください。お申込みはこちらから。

また、個別でのご相談も行っております。説明会に日程の合わない方、個別で相談したい方はこちらからお申込みください。

ほかにも、冬期招待講習も行っております。詳細はこちらからご確認の上、お申込みください。

投稿者:井上友希

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php