ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

大崎品川校レポート

大崎品川校担任助手紹介part14最終回!


皆さんこんにちは。大崎品川校担任助手の秋山栞です。
二週間、毎日更新してきた担任助手紹介。今回が最終回となりました。

最終回の今回は、私の自己紹介をさせていただきます。東京女学館高校卒、東京女子大学現代教養学部人間科学科コミュニケーション専攻の4年生です。
私は、早稲田塾に在籍して7年目になりました。7年間在籍する中で私が早稲田塾で積み重ねてきたポートフォリオを紹介します。

私が早稲田塾に入塾したのは高校1年生のときでした。入塾したきっかけは学校の成績をあげることでした。高校2年生の夏期授業では世界塾 世界を知るサマースクールin香港に参加しました。周りの塾生の意識の高さや知識の量、世界に対する視点にとても刺激をうけました。また、香港の高校生や大学生とのディスカッションも英語力などの面でモチベーションが上がりました。帰国してからは、TIMECUP(英語プレゼンテーション大会)に大崎品川校の校舎代表として出場し800人の観客の前で英語のスピーチをしました。また冬にはスーパーフューチャープログラムに参加し、好きだった歴史への学びを深めました。

私は大学受験をAO入試・センター利用入試・一般入試すべての受験方式をつかって合格を掴みました。勉強をしていてなかなか点数が上がらなかったときもありましたが、いま思えばコツコツ英文法の勉強をしていたことが何ヶ月後かには急に点数が上がった秘訣であったと思います。

大学に入学し、担任助手になってからはティーチングアシスタントとして数々の未来発見プログラムに携わっています。塾生時代と合わせて関わったプログラムは7年間で15プログラム。また、校舎でも4年間でたくさんの塾生と関わっています。塾生の皆さんと関わる中で私自身が毎日刺激を受け、支えられているなと実感しています。

担任助手を続けながら、大学4年生を目前にして、就職活動をはじめました。就職活動をはじめて実感したのは、高校生の皆さんがいま取り組んでいる「ポートフォリオ」を創ることは就職活動でやっていることとまったく同じであることでした。私が就職活動をはじめるときには塾生の皆さんが一度は書いたことがある自分史、これまでどんな活動をしてきて将来どんなことがしたいのかどんな大人になりたいのかを考えることを、高校生ぶりに書き直し、考え直しました。ポートフォリオを自分なりにまとめてからはじめた就職活動は、自分自身に一貫性が生まれ、面接で失敗することはありませんでした。早稲田塾でつくるポートフォリオは就職活動まで生きるということは塾生時代から聞いていましたが、身をもって体感することができました。

ここまで、総勢14人の大崎品川校の担任助手を紹介してきました。
早稲田塾の卒業生として、皆さんの現役合格の先輩として高校生の皆さんに伴走します!なにか相談したいこと、質問などあればぜひ校舎までご連絡ください。

早稲田塾では、夏期特別招待講習の申し込みを受け付けております。
高校3年生は、もう受験直前!7月21日までの申し込みで1講座を無料で受けられます。高校1・2年生は、7月14日までの申し込みで4講座まで無料で受講できます。早稲田塾が41年間現役合格にこだわり、数多くの高校生が第一志望に現役合格できた秘訣をぜひ体験しにきてください!そして、あなたも現役合格を掴み取ってください。

詳細と申し込みはこちらから。https://www.wasedajuku.com/summer/
お電話でも申し込みを承っております。電話:0120-559-205

投稿者:秋山栞

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

資料請求 個別相談 一日体験授業
現在使用しているテンプレートファイル:single.php