ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

全校からのお知らせレポート

未来発見プログラム【竹中平蔵世界塾 後期初回】レポート


皆さん、こんにちは。世界塾TAの山崎永麗南(成城大学法学部4年)です。本日から後期世界塾が開講したため、その様子をお伝えします!!

後期からは新たに9名のメンバーが合流したため、25名全員の自己紹介を行いました。それぞれが英語力や知識を高めたい積極的に議論に参加したいなどの明確な目標を持っていました。目標を持って頑張る3ヶ月間、全員の成長に期待しています!

そして早速、竹中先生による講義が始まりました。

今の日本の情勢を語るには欠かせない、自民党総選挙について意見を出し合いました。塾生たちからは、政治家間のコミュニケーションが足りていないのでは?、変化の多い日本社会に対して不安も期待も抱いた、など率直な意見がいくつも出ました。

ただ、このような話をするためには日本の政治の仕組みを理解することが欠かせません。世界塾で鍛えることのできるクリティカルシンキングを始めとする思考力を駆使して考えることに挑戦しました。

三権分立、議院内閣制、日本の民主主義の仕組み内での議論などについて竹中先生の経験をもとに話していただきました。今の日本が抱えている大きな問題についても話していただきました。

塾生の一生懸命メモする手も質問するために挙げる手もとまらず、挑戦して成長しようという姿勢をすごく感じました。

「菅内閣の成果はなにか?」という質問に対してもどんどん答えており、政治に対する塾生の関心度が以前よりも上がっており、白熱した時間となりました。

続いては、伊東先生による英語のセッションです。

夏期講習で宿題になった英語の暗唱に挑戦しました。いくつかにパートを分けて1人1人説明し、全員でオリンピックの説明を完成させました。

英語が苦手、というメンバーもいますが格段と世界塾前期初日から成長していました。英語を上手くなりたい、という強い意思のもと、毎週頑張り続けた成果が現れていました。

相手に伝える」英語力を鍛えていくためにも、毎回の伊東先生の英語講義後期の英語プレゼンテーションに向けてここから3ヶ月頑張っていきましょう!後期のプレゼンテーションでは、原稿を持たずに3分間話してもらいます。

最後に、竹中先生からこんな質問が出ました。

「皆さんが自民党総選挙に出たらどんな公約を掲げますか?」

日常から政治に関心を持つことで、なぜそれがまだ行われていないのか?どんな理由が背景にあるのか?と社会の難しさに触れられ、考える力を鍛えることができます。

新しいメンバーを迎えた世界塾は、ここからまた全力で進んでいきます。世界塾生の目覚ましい成長を今後もワセダネで紹介していきます!

投稿者:山崎 永麗南

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php