ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

全校からのお知らせレポート

NGOによる開発支援の在り方に迫る!


皆さん、こんにちは。

担任助手の金井映里香(慶應義塾大学文学部社会学専攻3年、跡見学園高校卒)です。

6月20日、池袋校において、FASID国際開発プログラムの第8講が行われました!

冒頭に杉下先生からNGOの基礎知識についてお話しして頂きました。

NGOは政府が解決できないような問題に取り組んだり、世界の民主化を後押していたりするという点で、非常に大きな存在なのだと改めて実感しました。

その後、聖心女子大学文学部人間関係学科教授・国際協力NGOセンター(JANIC)理事大橋正明先生が講義をしてくださいました。

実際にNGOとしてサイクロン救援やロヒンギャ難民救援など、現場での仕事に携わってきた大橋先生からのお話は、非常に貴重で臨場感がありました。

日本は他国と比べてファンドレイジングが軟弱で、NGOに対する関心もまだまだ低いのだと生徒たちも実感したようです。

質疑応答の場面では、理想的な人道益を追求するNGOの姿に興味津々で、時間内に収まらないほど質問の手が挙がりました!

どんな質問にも丁寧に答えてくださり、大橋先生からの生の声はとても勉強になったようです。

今後も国際舞台の第一線で活躍される講師の先生をお招きしているので、さらに色々な知見が増えていくのが楽しみですね!

投稿者:金井映里香

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php