ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

池袋校レポート

リアルシリーズ池袋校ver.~理学部の学びとは~


皆さん、こんにちは!

担任助手の佐藤 海渡(電気通信大学計測・制御システム4年、東京成徳高校卒)です。

今日は、能勢 千晶さん(お茶の水女子大学理学部物理学科1年、中央大学附属横浜高校卒)に理学部物理学科の紹介をしてもらいます!

 

ただ理系といっても様々な分野があると思いますがなぜ能勢さんは理学部物理学科を選んだのですか?

能勢「私は高校生の時に、学校の先生がブラックホールについて宇宙をゴム膜に例えて説明してくれたことから、ブラックホールに興味を持ちました。ブラックホールの研究は宇宙物理の範囲なので、物理学科に決定しました!」

 

そんなきっかけがあったんですね!では能勢さんは現在、理学部物理学科でどのようなことを学んでいるんですか?

能勢「大学では、好きに物理実験をしてその実験について英語で討論し、論文を書く授業があります。準備は大変ですが、教授と学科20人のみの少人数で討論できる貴重な場です。
ゼミ形式の授業は、物理学科の先輩2人と私、そして教授の4人しかいないので、非常に濃い物理の時間を過ごしています。」

なるほど!最後に理系で学部選びに困っている塾生にアドバイスありますか?

能勢「色々な学部、学科がどのような事をしているのかを知ることが大切です。その中で、自分のやりたいことを見失わないようにしましょう。研究テーマややりたいことに対してじっくりと考える時間を持ち、自分の軸を安定させていってほしいです。私は早稲田塾のAO・推薦入試特別指導の講座の中で、同じ学年の生徒との対話を通して、自分の本当にやりたいことが見えてきました。
きっと一人一人に合う大学、学部があるはずです!」

     

理系の学部選びは大学4年間で真剣に向き合う分野を決める大事な選択になるのでじっくり悩んでください。
なかなか決まらず困った時は担任助手にいつでも相談してください!

早稲田塾では 夏期特別招待講習のお申込み受付中!!

7/31(金)までのお申し込みで、AO・推薦入試特別指導をはじめ、論文系講座や英語特訓道場、東進講座などのカリキュラムを無料&オンラインで体験することができます。 詳しくはコチラから。

  

投稿者:渡戸綾海

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

夏期特別招待講習
現在使用しているテンプレートファイル:single.php