ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

池袋校レポート

模試は復習が大事!


みなさん、こんにちは!池袋校担任助手の小林幹(早稲田大学文化構想学部1年、神奈川県立鎌倉高校卒)です。今回は、模試を受け終わった後にやるべきことをお伝えします!

早稲田塾では東進模試を受験することができますが、みなさんは受験されましたか?
共通テスト本番レベル模試を始め、早慶上理・難関国公立大模試、全国有名国公私大模試、一部大学別の模試も用意されています。
受験して結果に一喜一憂されている方もいらっしゃるかもしれませんが、模試は復習こそ大切な作業となります!

そもそもみなさんは、何を目的に模試を受験していますか?答えは様々あるかと思いますが、実際の問題形式に慣れる、ということが非常に大切であると私は考えています。
日頃の学習の到達レベルを知ることも去ることながら、どのような傾向が存在するのか、自身で研究してゆくことは、次回の模試へ向けてよいスタートを切ることにつながります!

また、東進模試では一流の講師による解説授業も用意されています!学習内容で不安な点を補えるほか、問題の解き方についても解説されているため、必見です!

模試は、本番のイメージを掴むための場です。結果が全てではありません。結果を受け止め、次にどう活かしていくかが最も重要なポイントです!

私自身共通テスト模試では、英語筆記の試験で得点の大幅な向上がありました。高校3年生の6月では50点台でしたが、8月には70点台、10月には90点台まで伸ばすことができました。そして、本番はリスニングと合わせて9割を超える結果を残すことができ、非常に成長を実感することができました

この経験を振り返っても、やはり型に慣れるということは得点向上の大きな秘訣です!ぜひ、前回受けた模試を見返してみてください。そして、次回の模試で成果を反映できるよう、頑張りましょう!

学習計画で悩んでいる方、AO・推薦入試との両立で悩んでいる方は、早稲田塾の担任助手、スタッフにご相談ください!一緒に解決策を模索してゆきましょう!

早稲田塾では、現在夏期特別招待講習を実施中です!詳しくはこちらをご覧ください!

投稿者:小林幹

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php