ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

津田沼校レポート

学部学科紹介 Vol.8 法学部編


皆さん、いかがお過ごしでしょうか!

津田沼校担任助手の多胡友啓(千葉県立佐原高校出身)です! 在、中央大学法学部法律学科1年として勉学に励んでいます!

さて、今回の学部紹介は法学部です。皆さん、法学部って何を学んでいると思いますか?

いやいや、法学部なんだから六法全書片手に条文とか覚えるといった座学が主なんでしょ? と思っている人が多いと思います。

確かに座学で学び六法全書を片手に様々な法律的な問題解決を図ることはあります。しかし、それだけでは「社会問題」など複雑な小難しい問題における解決力を得ることには結び付きません!

このことから、法学部での学びで必要なのは「リーガルマインド」を身につけることです。

リーガルマインド? と皆さん、あまり聞き慣れない言葉だと思うので僕なりにこの言葉を考えてみると「様々な他者の立場に立って問題や争いの背景を捉え、法的に問題解決を図る姿勢」だと心に置いています。

このリーガルマインドは、これだ! という明確な答えはありません。なので、法学部ではリーガルマインドとは何かを突き詰めて法的に社会問題を多様的な目で見て考えることが大切なのです! これが法学部での学びの真髄なのではないでしょうか!

法学部に皆さん少しでも興味を持たれましたか? まだ、難しそうだなぁと思う人も多いでしょう。実際、「法」を考えるのは僕も難しいと思ってますし、上級生や教授の方々も口を揃えて難しいと言います。

しかし! その「法」を考え、社会を見ることは想像を超えるほどワクワクし、興味をそそられます!

皆さんも法学の門を叩いてみてはいかがでしょうか!? 津田沼校でお待ちしています!

投稿者:多胡友啓

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

冬期特別招待講習
現在使用しているテンプレートファイル:single.php