ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

青葉台校レポート

実践女子学園高校のUさん、立教大学異文化コミュニケーション学部へ現役合格!


皆さん、こんにちは。青葉台校担任助手の東 実奈(桐蔭学園高校卒、現在上智大学法学部国際関係法学科2年)です。嬉しい報告はまだまだ続きます。実践女子学園高校のUさんが自由選抜入試

立教大学異文化コミュニケーション学部現役合格です!
おめでとう!

Uさんが滞在していたことのあるアメリカやオーストラリアでは、異なる言語や宗教を持つ人々が共存しているにも関わらず、自国第一主義の風潮が拡大しつつあります。このことに違和感を覚えたUさんは、国際情勢について詳しく学ぶため、「FASID開発プログラム」に参加しました。FASID(Foundation for Advanced Studies on International Development)は、1990年に経済団体連合会(当時)の協力の下に設立された一般財団法人であり、国際協力の第一線で活動されている機関です。

FASIDの理事長を務める杉下先生の下で、開発協力の仕組みや意義を学んだUさんですが、ロヒンギャ難民についての議論を通じて、私たち日本の若者が、こうした国際問題に対する現実的なイメージを持っていない現状を深刻な問題だと感じたそうです。

模試では毎回全校のトップリストに名前が挙がるほど、普段からコツコツと勉強していたUさん。そこで培ってきた語学力を生かして、日本人の外国人に対するステレオタイプをなくし、多様性を尊重する社会を作ることが出来るのではないでしょうか。

多様性を学ぶためには、自分の枠を超えた様々なことへのチャレンジがとても大切です。大学入学後もチャンスを逃さず、積極的にいろんなことに挑戦して下さい!応援しています!本当におめでとう!

投稿者:東 実奈

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

資料請求 個別相談 一日体験授業
現在使用しているテンプレートファイル:single.php