ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

全校からのお知らせレポート

大崎品川校担任助手、大畠樂祿に迫る。


こんにちは!広報部担任助手の穂積葵(法政大学キャリアデザイン学部2年、捜真女学校高等学部卒)です。

今回の担任助手インタビュー、紹介するのは大崎品川校担任助手の大畠樂祿です!

大畠樂祿のプライベートについて、根掘り葉掘り聞いていきたいと思います!

〔プロフィール〕

_____まず、担任助手になろうと思ったきっかけは?

塾生時代に一番お世話になった秋山さんに恩返しをしたいと思ったから。僕はAO入試と一般入試を経験して、一般入試の対策の時にお世話になりすぎて。担任助手の仕事を間近で見てきて、仕事内容に対してだんだん興味がわいてきたんです。

(※一般入試の合格の秘訣はこちらから!)

 

_____担任助手ってどんな仕事?

例えば、未来発見プログラムでのクリエイティブな仕事もあるし、校舎では基本的なデスクワークもあるし、みんなが知っているような塾生のケア、もちろん教室の掃除とか整備もやらないといけないから、塾生時代に思っていた仕事内容の500倍ありますね。(笑)

 

_____大変?

まあ確かに大変だけど、常に新しいことをやれる達成感がある。大変なことを乗り越えての成長だと思うので、成長することの実感に繋がっています。

手前にいるのが秋山さん

 

_____塾生にとってどんな存在でいたいですか?

今までの受験生活をリアルに伝えられる存在でいたいです。自分はAOがうまくいかなくて一般入試の経験をした。なんというか、最後の砦みたいな存在で「大丈夫だよ」と寄り添える存在になりたい。担任助手の中でも一般入試をした人は少数だと思うので。

 

_____大学生活1年目はどんな感じですか?

僕の学部が特徴的なので13科目のうち8科目はグループワークでオンライン。「オンライン授業だと友達できないでしょ」とか言われるけどそんなことなくて、この前も大学の友達と飯食いに行きました。全然楽しめてますね(笑) 他にも、教授たちが面白くて、待機時間にBGMをかけて「どうだった?」とか聞いてくるんですよ。キャンパスには行ってないけれど、授業もちゃんと楽しめてます。

 

_____サークルに入る予定はありますか?

バドミントンをやろうかなと笑

 

_____あー!ワセダネに載せてたの見た(笑)

けど体育会と担任助手並行してやるのは難しいのでちょっと考えどころですね。

優先って言い方よくないですけど体育会は本当に打ち込むならいいけど、どっちつかずは嫌だから、とりあえず今は色々仕事任せてもらえてる担任助手が優先ですね。

 

_____それでグローバル企業経営塾もね(笑)

いやーーーグローバル企業経営塾のTAほんとにやりたかったんですよ笑

(グローバル企業経営塾のワセダネはこちらから!)

 

_____大学入って成長したこと、変わったことはありますか?

「リーダーシップ入門」という経営学部の軸になる科目があります。この授業はディスカッションがメイン。早稲田塾で培った「自分の気持ちを伝えよう」って気持ちでディスカッションをするんですけど、早稲田塾生なら意見がぶつかってもやっていけたことが、早稲田塾生以外にやるとしゅんってなっちゃう。その価値観を合わせたり、コミュニケーションを取る上での重要なことを再確認したりしつつ、授業自体はリーダーシップなのでどんなリーダーシップがあるとコミュニケーションがうまくいくのか考えなければいけない。なので、自分を客観視できるようになりましたね。

 

_____普段は何をして過ごしていますか?

格闘技めっちゃ見てます!!!キックもボクシングもMMAも全部見るんですけど、最近だとMMAは、日本で注目される選手と海外で注目される選手を呼んで戦ってるんです。20年前だともっと凄かったんですけど、一回人気が落ちて、でも今また盛り上がってきていて過渡期というか。見ていて面白いです!

逆にそれ以外で何やってるかっていうと、課題ですかね(笑)教授陣もそれ以外で成績をつける方法がないから仕方がないんですけど、課題の量が多すぎる!ちょっと結構やばいっす(笑)レポートも早稲田塾生と一緒にやったりしてこなしてます。

 

_____早稲田塾に入学して変わったことを教えてください

「大学入って客観視できるようになった」とさっき言ったように、高校生の自分は視野が超狭くて。だって周りに知っている大人が親と先生、塾の先生くらいじゃないですか。僕の部活の顧問が体育大学だったんですけど、それに影響されて将来はスポーツ系か教育系か心理かなとか思ってたんです。けど早稲田塾に入って、やりたいことを深掘りされて、否が応でも視野が広がるじゃないですか。それでもう視野が広がって自分を見直す機会が増える。僕の場合は、未来発見プログラムなんですけど、全然知らない大人の人と対話をして、考えて、課題を提出して、、、って高校生として普通に生きていたら触れられない環境だし、チャンスを掴める環境があるのは早稲田塾の大きな特徴だと思います。

 

_____最後に今の高校生に一言!

意外と感じている不安って細かく分けて見ると、しょうもないことばかり。色々あると思うけれど、細かく分けていくとしょうもないことばっかで、大きい不安も分けて見るとただの悩み。だから、重く考えずに、しっかりと分けて分析していけばすごく心が軽くなると思う。けれど自分を客観視しないとできないので、客観視をするという意味でも塾に来て、いろんな視野を培って欲しいなと思います。

インタビュー終了〜!

ぜひ期待の新人ということでこれからも頑張って欲しいですね!

それではまた次回もお楽しみに!

早稲田塾について詳しく知りたい方は、こちらから資料請求へ!沢山のお申し込み、お待ちしております。

カテゴリ:

投稿者:穂積 葵

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php