ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

横浜校レポート

模擬試験の勉強法!


皆さんこんにちは!早稲田塾横浜校担任助手の坂本みのり(早稲田塾41期生・明治学院大学文学部芸術学科2年・県立大船高校卒)です。

今回は模試の勉強法についてお話します!

模試は日々の積み重ねです。
学校の定期試験のように範囲指定はありません。
例えば、学校の定期テストは指定された教科書の英文を読み込んで、範囲内の単語を覚えて対策する、という人も多いのではないでしょうか。
模擬試験でそのような対策はできませんよね。
そこで、単語帳などで日々単語力をつけておくことはもちろん、文の構造を押さえることができると、初見の英文にも対応する力をつけることができます。

他の科目でも、基礎となる部分を身につけることで、模試での応用力を付けることができます!

とはいえ、日々の積み重ねだけで挑むのは不安。

そこで必要なのが模試の復習です!
模試は範囲の指定はありませんが、出題形式や問題の傾向があります。

間違えた問題の解き直しをして、知識を自分ものにすること。
そして自分の苦手な傾向を見つけて慣れていくことが重要になります。

つまり、模試の結果表は自分のための参考書といっても過言ではありません!
結果だけをみて一喜一憂し、引出しにしまい込むのではなく、次の模試に向けた勉強に活用していきましょう!

早稲田塾では、勉強の計画や進路発見の相談も承っています。気になった方はコチラをクリック!

投稿者:坂本みのり

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php