ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

横浜校レポート

模擬出願に向けて…『題意把握の重要性』


みなさん、こんにちは!
早稲田塾横浜校担任助手の平井嘉祐(ヒライカユウ・早稲田塾40期生・戸塚高校卒・横浜市立大学国際商学部1年)です。

今日はちょうど1カ月後に迫った4月19日(日)の模擬出願に向けての簡単なアドバイスをしていきます。

「初めての模擬出願、何から取りかかればいいかわからないっ!」
という方はこのページを参考に、より高い判定をもらえるようにがんばりましょう。必見です!

まず、模擬出願で皆さんがやらなければならないことは、学年別に以下の通りです。

新高3生:第一志望大学の提出書類一式
新高2生:自己アピール資料(A4サイズ・枚数制限なし)
新高1生:進路発見オーディション(A4サイズ・2枚)
(それぞれ詳細は第4回ポートフォリオ講座で共有済みです!)

新高2・1生は、いままでポートフォリオ講座でやってきたこと(PERSONAL HISTORY, マイポートフォリオデザインシート)を活用すれば、十分に記載することができます!(もちろん授業内で書き取ったものだけではなく、塾生からのメンタリングをもとにし、自分なりにさらに肉付けする必要があります

しかしながら新高3生にとっては、非常に難しいことだと思います。資料を提出するにはそもそも第一志望大学が決まっていないといけません。
そして何よりも、書類に記載しなければならないことが大学によって違います。また、同じ学部でも学科によって書くべき内容が大きく異なる場合もあるので、何を求められているのか、慎重に把握する必要があります。

でも、やるしかないんです。
一人じゃ無理?だから仲間がいるんです。
早稲田塾には出願書類を何千何万と添削してきた専門のスタッフと、実際にそのような書類を仕上げて第一志望大学に合格した担任助手が校舎に常駐しています。

もし志望大学・学部の書類をどのように手をつけてよいかわからないときは、気軽に聞いてくださいね!必ず力になります。

「第一志望大学に合格したい?」
「自分の力・経験を最大限に生かしたい?」
そんな方はこちらをクリック

投稿者:平井 嘉祐

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

夏期特別招待講習
現在使用しているテンプレートファイル:single.php