ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

横浜校レポート

横浜校担任助手プレゼンツ「わたしの受験日」 第1弾 ~いざ! 一般入試を受けるための心得 ~


みなさんこんにちは!
早稲田塾横浜校担任助手の宮川 泰地(東京理科大学1年・鎌倉学園高校卒・早稲田塾第39期)です。
新年を迎えて2週間が経ちましたね。いよいよ一般入試の時期が近づいてきました! 早稲田塾は現役高校生だけなので全員が初めての一般入試になりますよね。
初めての大学受験、一般入試、不安でしょうがないという人も多いと思います。

今回から、横浜校担任助手プレゼンツ『私の受験日』が始まります。
今回はAO・推薦入試受験と一般受験の両方で合格を勝ち取った私、宮川泰地が受験の前日や当日に気をつけていたことを皆さんにもお伝えしたいと思います。

まずはじめに受験前日

前日には必ず早稲田塾に来ていました。もともとあまり緊張しない私ですが、それでも本番前はやはり緊張してしまったり不安でいっぱいでした。
そんな時に早稲田塾の友達、担任助手、ケア・スタッフが温かい応援メッセージをかけてくれたり、当日の持ち物確認など様々なサポートをしてくれました。
また、勉強面では自分の苦手な分野の公式や暗記モノの復習をやっていました。入試は各学校によって形式も内容も変わります。
ですので応用問題を解くよりも基礎を見直すことが1番大切です!

次に受験当日

入試本番は集合時間の1時間前には会場に到着するようにしていました。
途中でお腹が痛くなってトイレに行ったり、逆方向の電車に乗ってしまった! などいろいろなハプニングを経験しましたが、1時間前に会場に到着するように行けばほとんどの場合は大丈夫です

「1時間前に会場に着いたら暇じゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。まず、トイレに行っておくこと試験会場のトイレは試験が始まる前ぎりぎりに行くと用を足せないことが多いです。早めに済ませておきましょう。
あとは緊張をとくために単語を見ながら散歩をしたり、教室で勉強したりもしていました。
全く緊張しない人はいません、緊張の中でいかに試験迄にどうやって緊張を解いてどれだけ自分のベストを出せるかが入試本番で一番大切なことです。
皆さんもこの記事を参考に、自分なりのベストの出し方を見つけて合格に向けて頑張ってください!  校舎から応援しています!

早稲田塾で大学入試の準備を始めたい! と思った方は⇒こちら

投稿者: 宮川 泰地

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php