ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

横浜校レポート

【道場受講者必見】塾に来れない間の英語の勉強法!


みなさん、こんにちは!
早稲田塾横浜校担任助手の平井嘉祐(ヒライカユウ・早稲田塾40期生・戸塚高校卒・横浜市立大学国際商学部2年)です。

今日は塾に来れない間の英語の勉強法についてお話ししていきます。
塾生の皆さんからの「『英語特訓道場』が開講されない間は何をすればいいの?」という疑問にもお答えします!

早稲田塾では道場が開講されない間は、「自宅学習課題」を課しています!

週に20個ずつ単語を記憶してもらいます。「記憶タイムチェックテスト答え合わせ復習タイム」のサイクルを習慣化し、全5ステージを通して、合計100語の完全習得を目指します!

具体的な学習方法は以下の通りです。

<学習の仕方> ※時間は自分で管理
①音声動画を視聴。単語の意味を確認する。
②記憶タイム4分。単語の意味を書きながら覚える。[1ページ]
③チェックテスト3分。問題文を読み、正しい選択肢に○をする。[2、3ページ]
④答え合わせ。解答を見て採点する。[4、5ページ]
⑤復習タイム 10 分。

最後にはまとめのための「Final Check Test」もあるので、毎日コツコツ勉強するようにしましょう!

マイページ右下の「平常Ⅱ期 英語特訓道場 自宅学習課題」をクリックすると、右のようなページが現れる。テキストも音声もここから閲覧可能。

さらに英語力を高めたいという人は、同意語反意語派生語も一緒に覚えると、単語の幅が広がりますよ。覚えるときは「青ペン学習法」を活用するとより効果的です(「青ペン学習法」のやり方が分からない人はこちら)!

また、東進の「高速マスター」も活用できれば完璧です(「高速マスター」の受講法が分からない人はこちら)!

新学期、最高のスタートを切りたいという人は>>こちらから

投稿者:平井 嘉祐

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php