ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

横浜校レポート

担任助手シリーズ~酒井温編~


みなさん、こんにちは。横浜校担任助手の酒井温(國學院大學人間開発学部健康体育学科1年・捜真女学校高等学部卒・早稲田塾42期生)です。今回は、担任助手ストーリーズ~酒井温編~ということで、私がどのような過程を経て研究テーマを発見したのかを紹介します。

私の研究テーマは協同学習を取り入れた保健体育の授業です。将来は、スポーツが得意な人も苦手な人も楽しい授業、そして、人間的な成長のすることができる授業の2つを実現できる保健体育教師になりたいと思いこの研究テーマにたどり着きました。

私は、幼いころからスポーツ大好きでした。体を動かすことももちろん大好きですが、それ以上に周りの友達と一緒にひとつの目標に向かってがんばったり、協力をすることがスポーツの魅力だと思っています。このことを6年間続けたソフトボール部での活動を通して再確認することができました。

しかし、私は体育の授業ではスポーツができる・できないが1番重要なことになってしまい、スポーツを通した他者との協同の魅力は二の次になってしまっていると授業を受ける中で実感をしました。そこで実際にデータを調べてみたところ、体育の授業が楽しくなかったと答えた生徒は「授業内で教師・友人との相互作用において肯定的な経験が少ないこと」がわかりました。

この現状を目の当たりし私は、部活動などの限られた場だけでなく全員が受ける体育の授業で協同を取り入れた楽しい授業を行いたいと思いました。スポーツを通した他者との協同は、座学とは違い、一瞬一瞬で多様な感情を感じることができると私は思います。また、スポーツをする中で仲間と共に感じる悔しさは、必ず次の力に。感動や喜びはもう一つ先を求める原動力になると私は確信しています。

私は教師になりたいという夢は決まっていましたが、研究テーマを決めるまでにはたくさん悩みました。しかし、大学生になった今振り返ってみると自分の将来について悩んだ時間はとても大切な時間であったと思います。皆さん困ったときは、本当にやりたいことは何なのか自分に問いかけてみてください!
私も教師になるという夢に向かってがんばりますので一緒に頑張っていきましょう!

みなさん、早稲田塾で一緒に将来について考えてみませんか?

早稲田塾では最新の入試情報やカリキュラムをご紹介する説明会を行っています。詳細は→ コチラ

【関連記事はこちら】

担任助手ストーリーズ~千葉あみ編~

担任助手ストーリーズ~柳瀬マリノ編~

担任助手ストーリーズ~小林美月編~

カテゴリ:

投稿者:酒井温

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php