カリキュラム

ドラッカープログラム

ドラッカープログラムとは 

多くの起業家をとりこにしてきた「マネジメントの父」の教えを、クレアモント大学群の本家本元ドラッカースクールで学ぶ、未来のリーダー育成プログラム。
ピーター・ドラッカー経営大学院(通称:ドラッカースクール)の前学長をはじめとする教授陣から、クリエイティビティを学ぶ。「マネジメントの父」と称され、ビジネス界にもっとも影響を与えたといわれるドラッカー。日頃、世界のトップリーダーが集う場に赴き、世界というマーケットの中で、自分自身をブランドとして売り込む「究極のパーソナルブランド」を構築!世界的企業を訪問し、現場での実例を学び理解を深めます。
※2019年度は国内で実施

山脇秀樹

山脇秀樹(やまわきひでき)

ドラッカースクール経営大学院 前学長

慶應義塾大学卒業後、ハーバード大学で経済学の博士号を取得。UCLA、ベルギーのルヴァン・カトリック大学で教授を務め、1982年から1990年、ドイツ、ヴィッセンシャフツツェントルム・ベルリン研究所の特別研究員として在籍。欧州委員会(EUの執行機関)、世界銀行、OECD(経済協力開発機構)などを含む数々の国際機関の顧問を務めた経験をもつ。2000年よりドラッカースクールで教鞭を執り、2006年に副学長に。2009年からは日本人として初、海外のgraduate school(大学院)のAcademic Dean(学長)として、学務を担当された。 

ピーター・F・ドラッカー

Peter F. Drucker ピーター・F・ドラッカー

1909年11月19日―2005年11月11日。ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家であり経営学の巨人。個人としての「人」と、社会的存在としての「人」のあるべき姿を追求することで、マネジメントの理念と手法を確立。「目標管理」「情報化」「コアコンピタンス」など、多くのマネジメントのコンセプトを生み出し、「マネジメントの父」と称される。1909年、ウィーンに生まれ。フランクフルト大学卒。1971年以降は、米国クレアモント大学院大学教授として多くの著作とコンサルティング活動を展開した。

校舎一覧

最高の学習環境を君に。