未来発見プログラムとは

各分野の第一線で活躍する大学教授や有識者の方をお招きし、テーマを多面的に深め、フィールドワークにより、自分の目と耳、頭と足で、その現場を体感します。取り組むのは、国際開発援助、環境問題、貧困、福祉、経済学などのグローバルな課題。知識やプレゼンテーション力の習得はもちろん、真の進路発見にもつながる、他に類のないカリキュラムです。

※新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、 2020年度未来発見プログラムはオンラインで開催中。
海外在住の有識者と繋いだり、オンラインでのグループワークツールを活用するなど、オンラインの長所を生かしたプログラム運営を行っています。

pick up ! おすすめプログラム

竹中平蔵 世界塾

竹中平蔵教授が高校生を直接指導し、世界で活躍できる人財を育成する、日本初のプログラム

竹中平蔵教授が高校生を直接指導し、世界で活躍できる人財を育成する、日本初のプログラム。授業の主言語は、原則的に英語。講義や討論、発表などを通して、実戦的な英語力、国際的な視野を持つマインドセットなどを養い、次世代のグローバルリーダーを養成します。

☆こんな人にオススメ☆

・アジアの経済成長に興味がある
・アフターコロナの世界に興味がある
・将来は海外で働きたいため、英語力を鍛えたい

最先端科学プログラム

慶應義塾大学 環境情報学部 冨田勝教授の指導のもと自分だけの研究にチャレンジ!

「世界で誰もやっていない研究に、全力で取り組んでもらいたい。」慶應義塾大学環境情報学部冨田勝教授の熱いご指導の下で、意欲と目的意識を抱く高校生が、最先端の遺伝子工学とシステムバイオロジーに取り組み、大学・大学院で先端バイオ研究に携わるための先行スタートを切るプログラムです。世界最高峰のサイエンス誌『nature』の論文を題材としたリサーチ、ディスカッション、プレゼンテーションの特訓も行います。

☆こんな人にオススメ☆

・自身の研究テーマを深めたい
・最前線の生命科学を学びたい
・将来は世界で活躍する研究者になりたい

ネゴシエーション アンド リーダーシップ プログラム

慶應義塾大学法学部・田村次朗教授からハーバード×慶應流の「交渉学」を学ぶ!

「交渉学」は、相互理解のもとで創造的価値を実現するための新しい学問。「交渉力」とは相手を理解する力であり、相手を説得する力です。このプログラムでは、慶應義塾大学法学部 田村次朗教授のご指導のもと「ハーバード×慶應流」交渉学の授業そのままに、与えられた「ロール」をもとに模擬交渉を行い、双方にとって魅力的な条件を引出して創造的に問題解決するための交渉力を養います。自己の限界を乗り越える力や、困難に立ち向かう強靭さを養います。

☆こんな人にオススメ☆

・創造的な問題解決力を養いたい
・グループディスカッションを得意にしたい
・「交渉学」について学びたい

スーパーフューチャープログラム

早稲田塾と早稲田大学第12代総長 西原春夫先生が共同で開講!

「未来のリーダーには“大きな歴史観” が欠かせない」との、早稲田大学第12代総長、西原春夫先生の熱き想いを出発点とするプログラム。「温故知新」をテーマに日本の近現代史の根源に迫り、世界が、そして日本がこれからどこへ向かうのかを読み解いていきます。今の現役生たちがリーダーとなって社会を牽引していく30年後の未来を想定し、これから何を、どのようにしていけばよいのかを導き出すことを目標とします。

☆こんな人にオススメ☆

・⽇本と世界の近現代史に興味がある
・歴史観を⾝につけたい
・グローバルな視点を鍛えたい

日テレ式『伝える力』講座

オンラインコミュニケーションにおける表現力を「画面の中で伝える」プロが直接指導!

社会環境の変化の中、コミュニケーションのあり様が変容しています。大学入試、企業の採用面接、初対面のミーティングなど、多くのコミュニケーションがオンライン化。まさに「画面の中で伝える」表現力が必須の時代を迎えたと言えるでしょう。本講座では画面の中のコミュニケーションのプロフェッショナルであるアナウンサー、演出家が一人ひとりに直接指導。実践に即した生きた知見を伝授し、オンラインにおける表現力を鍛えます。

☆こんな人にオススメ☆

・「画面の中で伝える」表現力を学びたい
・日テレのプロデューサーやアナウンサーから直接指導を受けたい
・テレビ関係の仕事に興味がある

異文化交流 プログラム

国際学生との交流を通じ、グローバルリテラシーを身につける

立命館アジア太平洋大学から将来に向けて明快なビジョンと高い志を持って集まっている国際学生たちを招き、英語でのグループワークを通じて、グローバル・リテラシー(国際対話力)と本格的なアカデミック・リサーチ(学術調査)力を身につけます。国際社会が直面する様々な課題についての問題意識を高め、真のグローバル人財が有するべき「国際的な視点」を養うことを目的としています。

☆こんな人にオススメ☆

・課題発⾒力を身に付けたい
・ディスカッション・プレゼンテーションの練習がしたい
・実際に英語を使いながら、英語⼒を鍛えたい

受講生の声

早稲田大学 政治経済学部

東京女学館高校出身 
石橋華子

高1の時から様々な未来発見プログラムに参加しました。 中でも一番印象に残っているのは、「竹中平蔵 世界塾」です。約半年間で他のプログラムよりも長期間だし、英語スピーチが多いので英語力を維持するのに役立ちました。

しかもそれを、竹中平蔵先生の前で発表できる! さまざまな校舎から集まった仲間との団結力も強く、楽しく学べました。そして、竹中平蔵先生の言葉が、私を大きく変えてくれました。私はそれまで、自分ひとりが行動したところで世界は変えられない、と思っていました。先生の言葉で「私でも世界を変えられるのかもしれない。やりたいことを積極的に学べば、世界に羽ばたける人財になれるんじゃないか」と気づくことができました。

続きを読む

中央大学 法学部 

神奈川県立厚木高校出身
大迫 渚乃

高2の3月に未来発見プログラムの「異文化交流プログラム」に参加しました。英語は得意科目で好きでしたが、海外に行った経験すらない私が、留学経験者や帰国子女と一緒にできるのかと不安…。でも「英語がよくできている」と褒めてもらい、グループワークでも優秀チーム賞を獲得できました!

今まで漠然と「海外に行きたい」と考えていましたが、外国人と話をすることで、調べたことと直接聞く話では違う点も多い、と気付きました。今まで「海外経験がないから」と後ろ向きになっていた私でしたが、プログラムに参加することで「自分から行動すれば、世界は開けるのかもしれない」と思えるように。とても密度の濃い、良い経験になりました。

続きを読む

慶應義塾大学 環境情報学部

東京女学館高校出身
清原海音

「 生物が好きで生命科学に興味があったので「最先端科学プログラム」に高1から高3まで3年間参加しました。最初に決めた研究テーマは「がん治療」に関して。線虫を体内に取り込むことでがん細胞まで直接薬剤を届けて治療ができるのではとの仮説を立て、研究を進めました。

自信を持って出場したあるコンテストでは「無謀だ」と言われてしまい……。すっかり落ち込んで、もうプログラムを諦めようと思っていました。しかし校舎長に「ここで諦めちゃダメだ。研究を続けて、自分自身が成長しなくてはいけない」と諭され、テーマを立て直すことに。高2からは線虫を使った「がん診断」へとテーマを変更。その結果、慶應義塾大学先端生命科学研究所主催による「高校生バイオサミット」に入賞することができました。高3では、SFCの研究室を使って実験させていただくことができ、放課後は毎日、学校がない日は朝から晩まで約5ヶ月間通い続けて実験を重ね、再びバイオサミットで受賞が叶いました。「最先端科学プログラム」は、本当に私を変えてくれたと思っています。論文の読み方や検索方法をイチから教えていただいたこと、丁寧にアドバイスや指導をしていただいたこと、研究計画を立て実験をすることで、私は大きく成長できました。「夢がない」と言っていた私が、ここまで熱中できるものに出会えたのは、「最先端科学プログラム」のおかげです。

続きを読む

他にも、多様なカリキュラムがある! 未来発見プログラムラインナップ

 未来発見プログラム一覧

オンラインコミュニケーションにおける表現力を「画面の中で伝える」プロが直接指導!
日テレ式「伝える力」講座

竹中平蔵教授が高校生を直接指導する、日本初のプログラム。講義や討論、発表などを通して、実戦的な英語力、国際的な視野を持つマインドセットなどを養い、次世代のグローバルリーダーを養成します。
竹中平蔵 世界塾の詳細はこちら

日本を代表する国際協力の第一人者である講師陣を中心に、実際の事例を織りまぜながら、重要テーマについて学び、議論することを通して発信力を鍛えます。将来、自分が出来る国際協力の方法について考え、これからの国際人に欠かせない多角的、多面的思考法を身につけます。
FASID国際開発プログラムの詳細はこちら

「マネジメントの父」ピーター・ドラッカー氏の理念が息づく、ドラッカースクール(米国カリフォルニア州)と特別ライセンス契約を結び、集中プログラムを実施。実習やディスカッションなどを通して、マネジメントの真髄を学びます。
ドラッカープログラムの詳細はこちら

日本を代表する科学者を育成するプログラム。世界最高峰サイエンス誌『nature』の論文を題材としたリサーチ、ディスカッション、プレゼンテーション特訓を行います。
最先端科学プログラムの詳細はこちら

プログラミングは自分のアイディアを実現する手段!世界最先端のプログラミング教育を実践する増原大輔氏と米国マイクロソフト社で「マインクラフト教育版」の開発を担当した鵜飼 佑氏を講師に迎え開催する、プログラマー養成塾 スーパーアプリクリエイターへの道。初心者歓迎!
プログラマー養成塾 スーパーアプリクリエイターへの道の詳細はこちら

国連グローバル・コンパクト(UNGC)のボードメンバーである有馬利男氏を“塾長”とする、現役高校生のための経営塾。世界的な視野でビジネスをとらえ、「善きことをして売り上げる」企業人育成を目指します。
グローバル企業経営塾の詳細はこちら

「交渉学」の第一人者、慶應義塾大学法学部・田村次朗教授の指導のもと、日本を牽引する人財を育成。交渉のマネジメントや問題解決法を体得します。グループディスカッションやワークショップなども行い、困難に立ち向かう強靭さを養います。
ネゴシエーションアンドリーダーシッププログラムの詳細はこちら

NYマンハッタンは、多くの人々が「未来への希望」を求め、移り住む街です。この街で生きる人にとってアートとは、自己を表現し糧を得る、生きる力なのです。そして、その力は、これからのグローバルリーダーに求められる、最も重要な力です。 このプログラムでは、「自分が何者なのか?」「なぜそこを目指しているのか?」そして「将来どうなりたいのか?」という問いに果敢にチャレンジを続け、思いを形にしていきます。 Letʼs step into the world!
NYメディア&アート特別研修の詳細はこちら

世界最高のジャーナリズム・スクールとされる米国・コロンビア大学大学院のSCHOOL of JOURNALISMのカリキュラムを参考に、日本のジャーナリストらを講師に招いて、講義、取材、小論文作成などにも役立つ執筆体験までを、コンパクトにまとめて実施。めまぐるしく動く世界情勢、様々な地域の歴史、文化、人々の考え方などを把握し、これらの知識を基盤に、未来を予測出来る“真の国際人”としての能力を養います。
国際ジャーナリスト育成塾の詳細はこちら

欲と目的意識を抱く高校生が、最先端の遺伝子工学とシステムバイオロジーに取り組みます。講義だけでなく、リサーチやディスカッションを重ね、その研究成果をプレゼンします。
スーパー バイオサイエンス プログラムの詳細はこちら

現代の最先端領域「IoT」をテーマに行うプログラム。企業に最も頼りにされている研究室に選ばれた(日経産業新聞・2003年12月12日付)江刺正喜教授をはじめ、東北大学大学院工学研究科機械系ナノメカニクス専攻でMEMS(微小電気機械システム)の研究教育に携わる教員・研究者が担当します。
スーパーIoTプログラムの詳細はこちら

学生の約半数が国際学生(留学生)という立命館アジア太平洋大学(APU)。世界各国の留学生たちと、国際社会が直面する課題について意見を交わし、理解を深めていきます。
異文化交流プログラムの詳細はこちら

「未来のリーダーには“大きな歴史観”が欠かせない」との、早稲田大学第12代総長、西原春夫先生の熱き想いを出発点とするプログラム。日本の近現代史の根源に迫り、世界が、そして日本がこれからどこへ向かうのかを読み解いていきます。
スーパーフューチャープログラムの詳細はこちら

約50万m2の広大な敷地を誇る東京理科大学野田キャンパス。リサーチパークと称される最高の教育研究環境のもと、合宿形式で最先端の生命薬学研究に触れ、実際に創薬にもチャレンジする。解熱鎮痛作用をもつアスピリンとアセトアミノフェンを生成し、毒性を調べ、より市販薬に近いものができるかを競い合う。未来のメディカルサイエンスの教育・研究者の育成を目的とする。
スーパーメディカルサイエンスプログラムの詳細はこちら

日本を代表する最先端の研究者の方々とともに、未来の可能性を探求。静岡大学工学部浜松キャンパスにて地球軌道上を周回する衛星“はごろも“との衛星通信実験、宇宙エレベーターのモデルクライマによる昇降実験を行い、高校生ならではの新しい宇宙開発のアイディアをプレゼンテーションします。
スーパー宇宙工学プログラムの詳細はこちら

スポーツ健康科学の最先端 立命館大学とタッグを組んだプログラム。「スポーツ」と「健康」をテーマに、競技スポーツを越えて、ビジネスや教育・医療の視点から幅広く学びます。スポーツ業界における共通言語はもちろん英語です。使えて当たり前の英語も実践的に鍛える本格プログラムです。
スーパースポーツ科学プログラムの詳細はこちら

日本における環境研究の最前線で活躍する研究者・有識者の方々との対話により環境に対する基礎知識を養い、自然と社会(経済)、生命(人)の関わり=共生、循環、多様性を理解し、共に地球の未来ー環境を考える、スケールの大きなプログラム。
スーパー地球環境プログラムの詳細はこちら

未来発見プログラムは塾生対象のプログラムです。 ご参加希望の方は、各校舎へお問い合わせください。

未来発見プログラムは塾生限定!

まずは資料請求!

質問や相談に対応いたします!

個別相談はこちら!

AO・推薦入試に興味のある方は