藤沢校レポート

留学予定・経験者必見!留学前・後の過ごし方!!

こんにちは!藤沢校担任助手の徳丸沙羅です!

現在横浜市立大学国際教養学部の2年生です。今回はこの夏留学予定の方、大学で留学してみたいなと思う方必見!

留学前と後の過ごし方について、私の経験をご紹介しようと思います!


実は私は高校2年生の1年間、中南米のコスタリカという国に留学していました!

自然が豊かで人も温かい素敵な国でした!!

公用語はスペイン語だったのですが、スペイン語は全く触れたことがなかったので習得が大変だったことは今でも鮮明に覚えています、、、

留学はそんなに頻繁にできることではありません。せっかくの留学をより有意義に過ごし、それをこれからの生活に活かすためにも、準備と振り返りが大切です!


留学前

まず、留学前に自分の興味関心を深掘り、自己分析をすることと、日本や世界の問題について知ることがとても大切です。

留学中様々な経験をすると思いますが、そこから自分が調べたことをつなげられるとさらに学びが深まります。

また、留学後にあれやればよかった~と公開しないためにも、事前に自己分析し、帰国後を想像することが大切です!

さらに、留学前と留学中は語学学習を頑張りましょう!私は、スペイン語を半年間猛勉強してから出発しましたが、現地の学校の社会のテストで10点をとってしまい、心が折れそうになりました。そこから何としてでも1年で90点まで取りたい!!と思い、毎日学校の復習や宿題を頑張り、最後の期末テストで92点をとることができました。英語圏でも非英語圏でも語学力は重要です。ぜひ高い目標を立てて努力してみてください。

また、留学中にTOEICやIELTSなどの語学資格をとっておきましょう!帰国後はなんだかんだ忙しくなってしまって先延ばしにしてしまいがちなので、一番語学力のある留学中に資格をとりましょう!



帰国後

帰国後は留学経験から何を経験したのか、何を異文化と感じ、何に驚いたのかを分析してみてください。きっと帰国して、以前は普通だと感じていたことに対しても違和感を感じたり、客観的に物事をとらえられるかもしれません。ぜひ小さな心の変化や違和感を意識してみてください!私も留学前と帰国後では自分の周囲の見え方が変わりました。その要因を突き詰めてみると何かヒントがあるかもしれません!



留学経験は十人十色です。自分だけの留学を名いっぱい楽しみ、帰国後にもつながるものにしてほしいと思います。出発前の皆さんは、ぜひ有意義な留学になるよう準備をしっかりしてみてください。帰国した皆さんは留学して終わりではなく、留学したからこそ気づけることや違和感を、簡単な言葉で片付けずにしっかり向き合ってみてください!


早稲田塾は高校生の現役合格を全力でサポートしています。

早稲田塾のオンライン説明会を受けてみたいという方は、こちら